ガスリー木曜インタビュー:土日の雨予報に、「ウエット路面が大好きだから、望むところ」と自信/F1第11戦ドイツGP

©株式会社サンズ

 たった1戦で、こんなにも表情が変わるものか。F1第9戦オーストリアGPでレッドブル・ホンダに初優勝をプレゼントしたマックス・フェルスタッペンとは対照的に、ピエール・ガスリーは散々な結果に終わっていた。なので第10戦イギリスGP直前の囲み取材では報道陣から厳しい質問が飛び、それに必死に応える姿は痛々しくさえあった。

 ところがそのイギリスGPでは初日から好調で、予選も5番手、そしてレースでは自己最高位タイの4位入賞を果たした。そうすると現金なもので、ホッケンハイムで行われる第11戦ドイツGP木曜日の囲み取材では報道陣も2倍くらいに増え、ガスリーもすっかり饒舌に、そしてにこやかになっていたのだった。

――前戦シルバーストンでは予選、レースともに速さを発揮しました。クルマへの理解が、ずいぶん進んだ?
ピエール・ガスリー(以下、ガスリー):マシン性能を少しでも引き出そうと、シーズン序盤からこつこつとやってきたことが、ずいぶん実を結んできた感じかな。もちろん車体性能自体、ずいぶん向上しているしね。

 前からよく言っているように、何千ものピースがようやくちゃんと組み合わさってきた。F1で速く走るというのは、そういう膨大な作業の積み重ねなんだとつくづく思ったよ。

――具体的に、どんなところが変わった?
ガスリー:たくさん(笑)。詳細は言えないけど、小さなことがいくつもうまく機能して、それが全体の速さに繋がっているね。

――結果が出始めたことで、精神的にもずいぶん楽になっているのでは?
ガスリー:それは確かにそうだけど、でも一方で4位とか5位は決して、僕が最終的に望む結果じゃないからね。これまでもずっと、「もっと先」を目指してきた。その気持ちは今も変わらないというか、いっそう強くなっているよ。

 シルバーストンではトップドライバーたちとのバトルが、本当に楽しかった。あれを一度味わってしまうと、今度は別のサーキットでも、と頑張れる。そんな正の連鎖こそ、僕が求めていたものだ。

■雨の不確定要素に期待するガスリー

――とはいえフェルスタッペンとの差は、依然として小さくないです。
ガスリー:そこは僕も、しっかり自覚しているよ。マックスが速いことはこのチームに入る前からわかっていたし、彼に少しでも近づくことが今の僕の一番のモチベーションだ。

 とにかくマックスは、与えられたものをすべて繋ぎ合わせて、最高の性能を発揮させることにものすごく長けている。あれにはいつも感心させられるし、負けないぞという気持ちになるよ。

――シルバーストンのピットストップでは、1秒9の記録も出しました。
ガスリー:あれは、すごかったね。あの場で実際のタイムを見たわけじゃないけど、でもものすごく速いなと思ったよ。

――今週末は、土日と雨の予報が出ています。
ガスリー:僕はウエット路面が大好きだから、望むところだね。レース展開も大きく動くだろうから、それも楽しみだ。全開で行けたところが、ウエットではコーナーになるわけだしね。運転してる方も、観てるお客さんも、より楽しめるよね。

――初日フリー走行が酷暑のドライ、土日がウエットになると、セットアップ作業も難しくなりますね。
ガスリー:それは誰も同じ条件だし、いっそう不確定要素が多くなって楽しそうだよね。

――フェラーリには、追い付きつつある手応えを感じている?
ガスリー:それは、あるね。でも毎レースが新たなコース、新たなコンディションで、しかもお互いに新たなアップデートを繰り出してくる。今の力関係のまま最終戦まで続くわけじゃないし、レースごとに大きく上下するはず。でも確かな手応えは、感じているよ。