京アニ放火殺人、包丁6本むき出し所持 さいたまの容疑者宅捜索

©株式会社京都新聞社

青葉容疑者の自宅アパートに家宅捜索に入る京都府警の捜査員(26日午前9時半、さいたま市見沼区大和田町1丁目)

 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、男女34人が死亡、34人が重軽傷を負った事件で、青葉真司容疑者(41)=殺人や現住建造物等放火などの容疑で逮捕状=が持参したとみられる包丁6本はケースなどに入っておらず、すべてむき出しの状態だったことが26日、捜査関係者への取材で分かった。

 京都府警捜査本部は同日午前、さいたま市見沼区大和田町1丁目にある青葉容疑者の自宅アパートの家宅捜索を始めた。青葉容疑者は現場近くで警察官に確保された際、「小説を盗まれたからガソリンで火を付けた」と話していたが、今のところ会社側との接点は確認されておらず、府警は押収した資料を基に動機の解明を進める方針。

 青葉容疑者が持参したとみられる包丁は事件直後、第1スタジオ付近で発見された。5本は黒っぽいかばんの中、1本はかばんの外にあり、いずれも包装されていなかったという。府警は、青葉容疑者が建物に放火した後、外に避難してきた従業員にも危害を加えるため、すぐに使えるよう準備していた可能性もあるとみて捜査している。

 青葉容疑者は18日午前10時半ごろ、第1スタジオの正面玄関から中に入り、バケツに入ったガソリンをらせん階段脇にまき散らし、多目的ライターで火を付けたとされる。放火による火災で自身も大やけどを負い、現場から約70メートル離れた路上にあおむけで倒れているところを警察官に確保されていた。