自衛隊明記案の賛否拮抗

参院議員アンケート

©一般社団法人共同通信社

参院本会議場=1月

 共同通信社は第25回参院選の立候補者に実施したアンケートのうち当選者分と、非改選議員の回答計182人分を26日までにまとめ、新たな参院の姿を探った。憲法9条に自衛隊を明記する憲法改正案への賛成、反対はそれぞれ35.7%と拮抗した。賛成派のうち95.4%を自民党議員が占めた。安倍政権下での憲法改正に「賛成」「どちらかといえば賛成」は計44.5%で、「反対」「どちらかといえば反対」の計31.9%を上回った。

 安倍首相が提唱した自衛隊明記案への賛成の割合を党別に見ると、自民は78.5%、公明は5.0%、維新の会14.3%で、立憲民主、国民民主はいずれもゼロ。