世界的大ヒットアニメ「サンダーバード ARE GO」展開催! 浪川大輔のトークショーも

©株式会社東京ニュース通信社

CS放送の海外ドラマ専門チャンネル・スーパー!ドラマTVは、1960年代に爆発的ブームを巻き起こした名作「サンダーバード」のリブート版特撮CGアニメシリーズ「サンダーバード ARE GO シーズン2」を8月24日(二か国語版・土曜午前8:30ほか/字幕版・土曜午後7:30ほか)から独占日本初放送する。それを記念して、8月4~9日まで、東京ソラマチ内にある「J:COM Wonder Studio」において、「サンダーバード ARE GO」展を開催。イベント初日の4日には、本作でスコット・トレーシー役の日本語吹き替えを担当する浪川大輔のトークショーを実施することが発表された。

本作は、「サンダーバード」の新シリーズとして2019年春の時点で世界40カ国以上の国で作品が購入、公開されている大人気アニメーション。今回放送開始となるシーズン2も、精巧で迫力のあるメカや世界中の人々を救うという大志を抱く熱いキャラクターをベースに、“チームワーク”“家族”“困っている人を助ける”という普遍的なテーマを描き、旧作からの大人のファンにも子どもたちにも響く内容となっている。

また、本作でトレーシー家の5人兄弟の声を演じるのは大人気アニメに映画、ドラマなど幅広いジャンルで活躍中の声優陣だ。長男・スコット役を浪川、バージル役を花輪英司、アラン役を村瀬歩、ゴードン役を柿原徹也、そしてジョン役をKENNが担当する。

そして、4日から開催されるイベントでは、劇中に登場するトレーシーアイランドのジオラマやサンダーバード2号のバルーンなどを展示。初日のトークショーでは、浪川が作品の魅力からアフレコ収録現場の様子など制作秘話を披露するほか、主要キャラクターの吹き替えを担当する声優陣のサイン入り台本が当たる抽選会も予定されている。

浪川は、「歴史ある作品が現代のCGアニメーションとミニチュア模型を融合した新しい姿になっています」と見どころを明かし、「その中で、レスキューに奮闘する若者たちをぜひ応援していただければと思います。トークショーにも遊びに来てくださいね!」とアピールした。

さらに、スーパー!ドラマTVではシーズン2の放送開始を記念して、8月1日からは1960年代のマリオネーション・シリーズ「サンダーバードHD完全版」(午前6:00)を、8月8日からは「サンダーバード ARE GOシーズン1 全話集中放送」(二か国語版・月~金曜午後3:30/字幕版・月~金曜深夜2:00)を放送する。