京アニ放火事件、死者35人に 入院中の男性が死亡

©株式会社京都新聞社

 「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、京都府警は27日、重篤な状態が続いていた20代の同社従業員とみられる男性が同日夕、入院先の病院で死亡したと発表した。死者は計35人、重軽傷者は33人になった。

 府警によると、男性は当時、第1スタジオ1階にいたとみられる。自力で屋外に脱出したが、全身やけどを負い、救急搬送された。