屋久島高生が企画、民具通し高齢者と交流会 宮之浦 

©株式会社南日本新聞社

民具の写真を見て、高校生に昔の話を語る高齢者=屋久島町宮之浦のデイサービスセンター「縄文の苑」

 昔の「民具」を話題に、高齢者と高校生が交流するレクリエーションが23日、屋久島町宮之浦のデイサービスセンター「縄文の苑」であった。予定時間をオーバーするほど話が弾み、大いに盛り上がった。
 屋久島高校普通科環境コース3年の中島渚さんが企画。屋久島町高校生クラブ「ぽんだま」のメンバー9人が運営協力し、デイサービス利用者30人が参加した。