ホークス釜元、意地の右前打でデスパ弾をアシスト 「迷わずイメージ通りに」

©株式会社Creative2

ソフトバンク・釜元豪【写真:藤浦一都】

今宮の助言活かす「迷わずイメージ通りに」

■オリックス 5-3 ソフトバンク(27日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは27日、本拠地でのオリックス戦を3-5で敗れ4連敗。2位日本ハムとのゲーム差は0.5となった。9回にデスパイネの3ランでオリックス先発・山本の完封を阻止。そのアシストをしたのが代打で右前打を放った釜元だった。

 5点のビハインドで9回2死走者なし。そこから明石が右翼フェンス直撃の二塁打で出塁すると、川瀬の代打で釜元が打席に立った。釜元は山本の初球のフォークボールを振り抜いて一、二塁間を破る右前打でチャンスを広げ、デスパイネの3ランを呼びこんだ。

 意地の一打を放った釜元は「(山本は)スーパーピッチャーですからね。前回(5月28日)は3三振していたので、何とか早めに打てる球をという気持ちだけでした。ベンチで今宮さんと『引っ張らないと無理』という話をしていたので、うまいこと集中できましたし、迷わずイメージ通りにいけました」と振り返っていた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)