ホラー写真!? 川口春奈の“インスタ投稿”に恐怖の声続出の理由…

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

川口春菜 

(C)まいじつ 

女優の川口春奈が7月24日、自身のインスタグラムを更新。すっぴんショットを公開したものの、光の加減が原因か、ネット上では「こわい ホラーやん」などと恐怖におののく声が続出している。

この日、川口は《毎日暑いねえ、、蝉の鳴き声であー夏だなぁって》と、最近の暑さにうなだれていることを報告し、《熱中症などには気を付けてね》と、ファンを気遣うコメントとともに2枚の写真を公開。肩出しのニットタンクトップ姿で、すっぴんと思われるナチュラルな姿の写真を披露している。川口の美麗な顔立ちを引き立たせようとしたのだろうか、はたまた肌を白く見せようとしたのか、川口の顔には強い光が当てられている。

 

「死んだ魚みたいな目」

この〝透明感あふれる〟すっぴんショットに、ファンからは、

《わっ、すっぴんでもさすが全然いけるね》
《すっぴんってドキッてするわ》
《ノーメークでも完璧です》

などと称賛のコメントが続出。一方、光の加減で肌が青白く発光しているように見えたり、唇の色が悪く見えたりなどしたためか、ネット上では、

《こわい ホラーやん》
《死んだ魚みたいな目》
《サスペンスドラマの死体みたい》
《どうみても透明感はない、具合悪そう》
《唇の色が暗いのか何か分からないけど、何か唇に目がいく》

など、恐怖におののく声が相次いでしまった。

「川口さんは、たびたび自身のインスタグラムですっぴんをさらしています。コスメ雑誌の表紙を務めるなど、メーク感度が高い川口さんらしく、必要なときだけメークをしているのかもしれませんね。しかし、川口さんの努力とは裏腹に投稿するたびにその〝青白い肌〟が原因で『魂吸い取られた?』『体調悪い?』などと揶揄する声が上がってしまうこともしばしば…。本人は、すっぴん写真を投稿することに抵抗はないようですし、スキンケア会社のイメージモデルのオファーを狙っているのかもしれませんが、ここまですっぴんが〝ホラー感〟たっぷりで怖がられてしまうと、なかなか起用には結び付かないでしょう」(女性ファッション誌ライター)

今はやりの〝透明感〟だが、一歩間違えると〝ホラー写真〟になってしまう。美白過ぎるのも考えものかも。