AERAに星野源×松重豊の雑談「後編」掲載!「無の境地」「哲学」「嫉妬と憧れ」など縦横無尽

©株式会社ドットレンド

AERAの大人気連載「星野源 ふたりきりで話そう」が久々の復活!と銘打って、7月22日発売号に「前編」を掲載した星野源と松重豊の「雑談」。7月29日発売のAERA8月5日号に「後編」が掲載される。

7月31日に、AERAMOOK「星野源 ふたりきりで話そう」が発売されるのを記念して復活した星野源の「ふたりきりで話そう」。松重豊との「雑談」は、星野の主演映画「引っ越し大名!」での共演をきっかけに実現した。

7月22日発売号に掲載した「前編」では、趣味の話から「素」の話、お芝居の話、そして「自意識」の話へと展開したふたりの雑談。「後編」も、「無の境地」の話から「般若心経とロック」の話、「哲学」の話、そして「嫉妬と憧れ」の話へと、縦横無尽な雑談が繰り広げられる。「ふたりきりで話そう」名物のインスタント写真もふんだんに掲載される。

香取慎吾へのインタビューは、東京オリンピック・パラリンピックの大会ボランティアが着るユニホームのお披露目会見のタイミングで実現。国際パラリンピック委員会特別親善大使を務める香取は、「開幕まで1年ですね」の問いに、「パラリンピックの開会式や会場で空席が目立ったら、僕の活動がまだまだだったとはっきりみえる」「ちょっと緊張する」と応じた。活動の過程で競技を知るうちに、「もし障害を持つことがあったら絶望すると思っていたけど、今はどのパラスポーツをやろうかと考えると思う。もしものときも輝ける場所があると思えるようになりました」と香取。パラアスリートの「熱量」にも触れ、「心を揺さぶられた体験」について明かしている。

AERA(アエラ) 2019年8月5日号
定価:390円(税込み) 
発売日:2019年7月29日
https://amzn.to/2KdKqOi