【親善試合】デ・ブルイネの1G1Aなどでシティが横浜に勝利! プレシーズンを終えリバプールとのCSに弾みをつける

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

日本時間27日に日産スタジアムで親善試合が行われ、マンチェスター・シティが横浜Fマリノスと対戦した。

【親善試合】主力選手が躍動したシティが6ゴール大勝! リバプールは一度も勝てずアメリカツアーを終える

中国や香港でアジアツアーを行ってきたシティ。プレシーズンラストマッチではダビド・シルバやケビン・デ・ブルイネなど主力選手がスタメンに名を連ねた。序盤から優勢にゲームを進めるシティは18分、ベルナルド・シウバが送ったパスをデ・ブルイネが受けると、DFを1人かわして左足を一閃。ゴール右に突き刺し先制点を奪取する。横浜に追い付かれたシティは、40分に自陣中央でボールを持ったデ・ブルイネがディフェンスラインの背後にスルーパスを供給。抜け出したラヒーム・スターリングが冷静に流し込み、シティが勝ち越し弾を挙げる。

【プレミアリーグ】シティの日本初来日が決定!7月に横浜F・マリノスと親善試合を開催

超満員となった日産スタジアムの一戦は、両チームともに後半に入って大幅な選手の入れ替えを敢行。今試合で横浜退団を表明しているGK飯倉大樹が出場するなど会場のボルテージがより一層高まった。そんな中、次にゴールを決めたのはプレミア王者のシティ。後半アディショナルタイムに20歳のルーカス・ヌメチャ左足で押し込んで勝負あり。シティが3-1と勝利を収め、FAコミュニティ・シールドに向け弾みをつけた。

シティが3発勝利でCSに弾み