2019年の鈴鹿8耐決勝スタート。ヨシムラがレースを引っ張り、1時間経過直前にヤマハワークスがトップを奪う

©株式会社サンズ

 2018-2019 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会の決勝レースが7月28日、鈴鹿サーキットで幕を開けた。

 7月26日に発生した台風6号は遠のき、鈴鹿サーキットには青空が広がった。朝のウォームアップ走行では路面がところどころ濡れた状態でスタート。セッションが進むにつれドライコンディションとなり、YAMAHA FACTORY RACING TEAMがこのセッションをトップで終えた。

 決勝スタート前には鈴鹿8耐らしい強い日差しがサーキットに降り注ぐ。気温は32度、路面温度47度のドライコンディションで11時25分にウォームアップラップがスタートしていった。

 ウォームアップラップ中、au・テルル SAG RTの長島哲太がS字コーナーでまさかの転倒。再スタートを切ってピットへと戻る。情報実況の情報によれば、スタート前にタイヤウォーマーのスイッチが入っていなかったことが原因だったという。

 ウォームアップラップを終え、全車がグリッドに。MuSASHi RT HARC-PRO.Hondaは公式予選で受けたペナルティ消化のためペナルティエリアへと入って90秒たち水野涼がスタートしていった。

 レースがスタートし、ホールショットはS-PULSE DREAM RACING・IAIのブラッドリー・レイ、2番手Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hのレオン・ハスラム、3番手にF.C.C. TSR Honda Franceジョシュ・フックが続く。

 YAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行は4番手、Red Bull Hondaの高橋巧が5番手に下がる。

 バックストレートに入ると3番手のF.C.C. TSR Honda Franceがトップを奪取、YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGが2番手に上がり、S-PULSE DREAM RACING・IAIは3番手に後退した。

 2周目に入るとKawasaki Racing Team Suzuka 8HがS-PULSE DREAM RACING・IAIをかわして3番手浮上。3周に入るとS-PULSE DREAM RACING・IAIはYAMAHA FACTORY RACING TEAM、Red Bull Hondaにもかわされ5番手に浮上する。

 4周目入るとYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGが1コーナーでF.C.C. TSR Honda Franceをかわしてトップを奪取する。

 Honda Endurance Racingが4周を終える直前の日立オートモティブシステムズシケインで転倒。低速での転倒だったため、マシンを起こしてすぐに再スタートを切った。

 6周目に入るとYAMAHA FACTORY RACING TEAMがホームストレートでKawasaki Racing Team Suzuka 8Hをかわして3番手浮上。9周目にはRed Bull HondaがKawasaki Racing Team Suzuka 8Hをかわして4番手に浮上するが、Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hはすぐに4番手を奪い返す。

 10周目を終えた時点のトップはYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING。後方に約2秒の差をつけていた。しかし11周目に入るとペースダウン。12周目に入ると2番手F.C.C. TSR Honda Franceとの差が1秒以内に縮まった。

 スタートしてから25分が立つとメビウスグリーン 八尾カワサキ中本翔が転倒。マシンを回収するためにセーフティカーが入る。約13分のセーフティカーランを終え、レースは再開していった。

 レース再開後、YAMAHA FACTORY RACING TEAMがF.C.C. TSR Honda Franceをとらえて2番手浮上。トップのYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGを追う。

 19周目に入るとKawasaki Racing Team Suzuka 8HがホームストレートでF.C.C. TSR Honda Franceをかわして3番手浮上。日立オートモティブシケインでのブレーキングでYAMAHA FACTORY RACING TEAMをかわすが、ホームストレートでYAMAHA FACTORY RACING TEAMが抜き返し、2番手を守る。

 20周を終え、トップグループはYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING、YAMAHA FACTORY RACING TEAM、Kawasaki Racing Team Suzuka 8H、F.C.C. TSR Honda France、Red Bull Hondaの5台。この並びでしばらくレースは進んでいく。

 21周目に入ろうというところでau・テルル SAG RTの長島が日立オートモティブシステムズシケインで2度目の転倒。再スタートは切り、レースに復帰した。

 現在EWCポンとランキングトップのTEAM SRC KAWASAKI Franceが23周を終えて1回目のピットインを行う。

 24周目に入るとRed Bull HondaがスプーンカーブでF.C.C. TSR Honda Franceをかわして4番手浮上。26周目にはYAMAHA FACTORY RACING TEAMが1コーナーでYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGからトップを奪い、1回目のピットストップ前にスパートをかけて1時間を経過した。

 1時間を経過した時点での順位は以下の通り。

■2019鈴鹿8時間耐久ロードレース 決勝1時間後順位(編集部集計)

天候:晴れ 路面:ドライ

Pos. No. Class Team Rider(BULE/YELLOW/RED) Motorcycle Tire Lap/Gap

1 12 EWC  YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING S.ギュントーリ/加賀山就臣/渡辺一樹 スズキGSX-R1000(2019) BS 25Laps

2 21 EWC  YAMAHA FACTORY RACING TEAM 中須賀克行/A.ロウズ/M.ファン・デル・マーク ヤマハYZF-R1(2019) BS 0.081

3 10 EWC  Kawasaki Racing Team Suzuka 8H L.ハスラム/T.ラズガットリオグル/J.レイ カワサキZX-10RR(2019) BS 0.340

4 1 EWC※ F.C.C. TSR Honda France J.フック/F.フォレイ/M.ディ・メリオ ホンダCBR1000RR SP2(2018) BS 0.533

5 33 EWC  Red Bull Honda 高橋巧/清成龍一/S.ブラドル ホンダCBR1000RR SP2(2018) BS 0.794

6 7 EWC※ YART-YAMAHA B.パークス/M.フリッツ/N.カネパ ヤマハYZF-R1(2019) BS 8.255

7 44 EWC  Team ATJ with 日本郵便 関口太郎/岩田悟/國峰啄磨 ホンダCBR1000RR SP2(2017) BS 18.852

8 95 EWC  S-PULSE DREAM RACING・IAI  /T.ブライドウェル/B.レイ スズキGSX-R1000(2019) BS 19.078

9 19 EWC  KYB MORIWAKI RACING 髙橋裕紀/小山知良/T.ハーフォス ホンダCBR1000RR SP2(2017) PI 19.689

10 2 EWC※ Suzuki Endurance Racing Team V.フィリップ/E.マッソン/G.ブラック スズキGSX-R1000(2019) DL 24.120

11 25 EWC  Honda Suzuka Racing Team 亀井雄大/日浦大治朗/田所隼 ホンダCBR1000RR SP2(2019) BS 1’21.888

12 22 EWC  Honda Asia-Dream Racing with SHOWA Z.ザイディ/A.ファリド・イズディハール/名越哲平 ホンダCBR1000RR SP2(2017) BS 1’23.910

13 634 EWC  MuSASHi RT HARC-PRO.Honda X.フォレス/D.エガーター/水野涼 ホンダCBR1000RR SP2(2017) BS 1’25.616

14 72 EWC  Honda Dream RT 桜井ホンダ 濱原颯道/伊藤真一/作本輝介 ホンダCBR1000RR SP2(2017) BS 1’32.142

15 111 EWC※ Honda Endurance Racing R.ド・プニエ/Y.エルナンデス/S.ギンバード ホンダCBR1000RR SP2(2018) DL 1’33.216

16 4 EWC※ EVA・RT WEBIKE TATi TEAM TRICKSTAR B.マクルス/K.デニス/J.アンジョルア カワサキZX-10R(2019) DL 1’33.398

17 3 EWC  KRP三陽工業&will raiseRS-ITOH 柳川明/M.アチソン/岩戸亮介 カワサキZX-10RR(2018) BS 1’38.807

18 18 EWC  Team BABY FACE Titanium Power Racing 津田一磨/藤田拓哉 ヤマハYZF-R1(2019) BS 1’39.746

19 26 SST  ARMY・GIRL Team TJC & MF Kawasaki 奥田教介/伊藤和輝/芦名秀美 カワサキZX-10RR(2018) BS 1’47.177

20 806 SST  Zaif NCXX RACING & ZENKOUKAI 長尾健吾/S.ヒル ヤマハYZF-R1(2019) BS 1’48.864

21 71 EWC  TK SUZUKI BLUE MAX G.ルブラン/A.シャー・カマルザマン/津田拓也 スズキGSX-R1000(2018) DL 1’58.866

22 96 EWC  TEAM FRONTIER A.テシェ/N.テロル/D.ウェブ ホンダCBR1000RR(2016) DL 2’05.096

23 24 SST  Team WITH87 カワサキプラザ福岡東 清末尚樹/西嶋修/苅田庄平 カワサキZX-10RR(2019) BS 2’06.253

24 88 EWC  CLUBNEXT & MOTOBUM 中村豊/片平亮輔/大貫貴彦 ホンダCBR1000RR SP2(2018) DL 2’07.944

25 98 SST  チーム阪神ライディングスクール 佐野勝人/松本隆征/東村伊佐三 カワサキZX-10RR(2017) BS 1Lap

26 69 EWC  山科カワサキ&オートレース宇部withYIC京都・BR 新庄雅浩/中村修一郎/松本正幸 カワサキZX-10R(2019) DL 1Lap

27 28 EWC  Team Kodama 徳留和樹/中山耀介/児玉勇太 ヤマハYZF-R1(2016) BS 1Lap

28 65 EWC※ MOTOBOX KREMER & Favorite Factory G.ドゥエ/J.フィーマン/G.オルティス ヤマハYZF-R1(2015) PI 1Lap

29 11 EWC※ TEAM SRC KAWASAKI France J.ガルノニ/E.ニゴン/D.チェカ カワサキZX-10RR(2019) PI 1Lap

30 77 EWC※ WOJCIK RACING TEAM M.スコペック/G.レイ/C.バーグマン ヤマハYZF-R1(2018) DL 1Lap

31 61 EWC  Team de”LIGHT 奥田貴哉/森繁生/片岡誉 ドゥカティ・パニガーレR(2016) PI 1Lap

32 8 EWC※ TEAM BOLLIGER SWITZERLAND N.ウォルラベン/D.バカン/出口修 カワサキZX-10R(2019) PI 1Lap

33 14 EWC※ OMEGA MACO RACING P.スコペック/J.エリソン ヤマハYZF-R1(2019) DL 1Lap

34 6 EWC※ Team ERC-BMW Motorrad Endurance K.フォレイ/J.ダ・コスタ/M.ギネス BMW・S1000RR(2018) PI 1Lap

35 80 SST  TONE RT SYNCEDGE 4413 星野知也/渥美心/石塚健 BMW・S1000RR(2017) PI 1Lap

36 52 SST  TERAMOTO@J-TRIP Racing 寺本幸司/P.ヴァルカネラス BMW・S1000RR(2018) DL 1Lap

37 502 SST  Zaif NCXX RACING  國松俊樹/吉田忠幸/長尾健史 ヤマハYZF-R1(2017) BS 1Lap

38 87 EWC  TEAM R2CL SUN CHLORELLA 今野由寛/J.エリオット/A.モリス スズキGSX-R1000(2019) DL 1Lap

39 5 EWC  チームスガイレーシングジャパン 須貝義行/D.ベジーニ アプリリアRSV4 RF(2018) BS 1Lap

40 41 SST  磐田レーシングファミリー 西村一之/宮腰武/佐藤龍彦 ヤマハYZF-R1(2019) DL 1Lap

41 112 EWC  Honda EG Racing 下田和也/栗林剛/本田恵一 ホンダCBR1000RR(2017) DL 1Lap

42 76 EWC  NIPPON SUMATRA BIO MASSE+D;REX 豊田浩史/池田吉隆/柴田義将 ヤマハYZF-R1(2019) BS 1Lap

43 78 EWC  Honda ブルーヘルメットMSC熊本&朝霞 髙橋勇輝/岡田寛正/大塚卓也 ホンダCBR1000RR SP2(2017) DL 1Lap

44 70 EWC  Honda向陽会ドリームレーシングチーム 岡崎裕介/榊原真之介 ホンダCBR1000RR(2017) BS 1Lap

45 92 SST  H.L.O RACING SUZUKIN 樋口耕太/犬木翼 スズキGSX-R1000R(2017) BS 1Lap

46 27 EWC  TransMapレーシング with ACE CAFE 大石正彦/平野ルナ スズキGSX-R1000(2016) BS 1Lap

47 105 EWC  moto CUBIC+Motorrad Toyota NR 大野英樹/小山葵/野田達也 BMW・S1000RR(2015) BS 1Lap

48 62 EWC※ GSM RACING V.レオノフ/B.エストメント/高田速人 スズキGSX-R1000(2018) TBA 1Lap

49 35 EWC  プラスワンMCRT 今津比呂志/西中綱/田島聖貢 カワサキZX-10R(2016) DL 1Lap

50 42 EWC  信州活性プロジェクト!Team長野 櫻山茂昇/二階堂慎二/大北裕夢 ホンダCBR1000RR(2014) BS 1Lap

51 31 EWC  浜松チームタイタン 武田数馬/上林隆洸 スズキGSX-R1000(2017) DL 2Laps

52 45 SST  E・P・S Racing ガレージL8 & TT45 相馬利胤/鈴木明/内山寛 ヤマハYZF-R1(2019) DL 2Laps

53 40 SST  K’S WORKS RACING YSS 安達勝紀/山内芳則/中井恒和 ヤマハYZF-R1(2016) BS 2Laps

54 59 EWC  HKC&IMT Racing 久野巧業 齋藤達郎/久野光博/渡部一夫 ヤマハYZF-R1(2016) DL 2Laps

55 91 EWC  TIO Verity 仲村優佑/宮島伸也/辻敏彦 BMW・S1000RR(2017) BS 2Laps

56 99 SST  RCKOSHIEN YAMAHA ASIAN ENDURANCE 中冨伸一/R.ウィライロー/A.ウォンタナノン ヤマハYZF-R1(2019) DL 4Laps

57 55 EWC  Honda浜友会浜松エスカルゴ 中島元気/長谷川修大 ホンダCBR1000RR SP2(2017) DL 5Laps

58 333 EWC※ VRD IGOL PIERRET EXPERIENCES F.アルト/F.マリノ/X.シメオン ヤマハYZF-R1(2019) DL 8Laps

59 9 SST  MotoMap S.W.A.T. J.ウォータース/D.リンフット/青木宣篤 スズキGSX-R1000(2017) PI 8Laps

60 090 EWC  au・テルル SAG RT 秋吉耕佑/長島哲太/羽田太河 ホンダCBR1000RR SP2(2018) BS 14Laps

61 17 SST  メビウスグリーン 八尾カワサキ 中本翔/中本郡/大久保光 カワサキZX-10RR(2018) PI 15Laps

62 34 EWC  Honda緑陽会熊本レーシング 北折淳/吉田光弘/小島一浩 ホンダCBR1000RR(2018) DL 15Laps

63 29 EWC  DOG HOUSE 岩谷圭太/左村英祐 スズキGSX-R1000(2012) DL 16Laps

64 51 EWC  icuRT モトキッズ 中日本自動車短大 三陽 小谷咲斗/吉道竜也/吉田和憲 ヤマハYZF-R1(2016) BS 19Laps

※=EWC年間エントリーチーム
EWC=フォーミュラEWCクラス
SST=スーパーストッククラス
BS=ブリヂストン
DL=ダンロップ
PI=ピレリ