比ダバオ「最後」の墓参

沖縄の団体、高齢化で

©一般社団法人共同通信社

「沖縄の塔」の前で手を合わせる沖縄県ダバオ会の山入端嘉弘会長=28日、フィリピン・ダバオ(共同)

 【ダバオ共同】フィリピン南部ミンダナオ島ダバオにある日本人墓地で28日、太平洋戦争前に移住し、戦争で犠牲になった沖縄県出身者の追悼式が開かれた。遺族らが沖縄で墓参団を結成し、半世紀ほどダバオ訪問を続けてきたが、参加者の高齢化のため団体での墓参は今回が最後。記憶の継承が課題になっている。

 ダバオからの帰還者や遺族ら約100人が参列。墓地内の「沖縄の塔」に菓子や果物を供え、焼香した。終戦後間もないダバオで、母親を赤痢で亡くした上原貞子さん(87)=那覇市=は「母のそばに来られてよかった。来年はもう参加できないと思う」と話し、目に涙を浮かべた。