ロックフェスで「辺野古反対」

沖縄知事、ギター弾き2曲歌う

©一般社団法人共同通信社

「フジロックフェスティバル」に出演し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対を訴えた沖縄県の玉城デニー知事=28日午後、新潟県湯沢町

 沖縄県の玉城デニー知事は28日、新潟県湯沢町で開かれた国内最大級の野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」に出演し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対を、歌に乗せて約1500人の聴衆に訴えた。

 玉城氏は主催者側に招かれ、社会問題を扱う企画「アトミック・カフェ」に出演。ギターを弾きながら2曲歌い上げた。

 トークコーナーでは、沖縄の人気バンド「ORANGE RANGE」のベースYOHさんらとステージに登り、米軍専用施設が沖縄に集中する現状を紹介。「辺野古は絶対に認められない。これ以上、子どもたちに米軍基地を押し付けることはできない」と強調した。