花火5000発、夜空に大輪の花 京都・舞鶴

©株式会社京都新聞社

海辺から夜空に打ち上げられた花火(京都府舞鶴市浜)

 舞鶴の夏を彩る「みなと舞鶴ちゃったまつり」が28日、京都府舞鶴市の東舞鶴地域であった。メインイベントの花火大会では、花火約5千発が打ち上げられ、家族連れらが、夜空に咲く大輪の花を楽しんだ。

 舞鶴商工会議所などでつくる実行委員会が毎年開催。今年は、昨年の台風の影響でゴール付近の桟橋が壊れているため、レガッタ競争は中止した。

 花火は午後7時半、海上自衛隊舞鶴教育隊(舞鶴市泉源寺)から次々に打ち上げられた。同市浜の海岸沿いは見物客でにぎわい、ひときわ大きな花火には歓声や拍手が起きていた。