米中、貿易協議を本格化

30、31日に上海で閣僚級

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン、上海共同】米中両政府は30、31日に中国・上海で閣僚級の貿易協議を開く。6月下旬の首脳会談から1カ月が過ぎ、交渉はようやく本格化する。米政権は中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への禁輸緩和を検討し、中国が米農産品の購入に動くなど歩み寄りの兆しも見えてきた。ただ米政権が「本丸」に位置付ける中国の構造改革の実現は遠く、対立の解消が見通せる状況にはない。

 トランプ米大統領は習近平国家主席との会談後、5月に発動したファーウェイへの制裁を緩和する意向を示し「中国は、とてつもない量の農産品を買う」と強調した。