札幌市、30年五輪の経費試算

最大1400億円削減も

©一般社団法人共同通信社

 2030年冬季五輪の招致を目指す札幌市は29日、26年大会招致プロセスに参加していた当時4537億円としていた開催経費を、最大で1400億円削減し、計3100億~3700億円に圧縮できるとの見通しを示した。そり会場は1998年の長野五輪で使った「スパイラル」を活用する方針で、札幌市は31日に長野市を訪れて正式に協力を依頼する。

 札幌市は市議会調査特別委員会への説明で、既存施設を最大限活用して会場を新設しない場合、2101億円としていた施設整備費が800億~1400億円に圧縮できると見込んだ。2436億円としていた運営費も2300億円に圧縮した。