7 MEN 侍・中村嶺亜が着ぐるみ姿で女子を勧誘!!「メチャクチャ暑かった」

©株式会社東京ニュース通信社

8月3日に放送するBS日テレの連続ドラマ「恋の病と野郎組」(深夜0:00)第3話では、主演を務める8人のジャニーズJr.から中村嶺亜(7MEN 侍)が扮(ふん)する三村蓮が主人公の回をおくる。

同作は、共学にもかかわらず男女比の都合で作られた全員男子のクラス・野郎組に集められた男子高生8人による学園ラブコメディー。中村演じる三村蓮は文系毒舌キャラで、1年次は演劇部に所属、脚本を書いていた。その縁で、野郎組は演劇部の勧誘を手伝うことに。そこで野郎組のメンバーは、かわいい着ぐるみ姿で勧誘すれば女子の方から寄ってくる上、怖じけずに会話ができると画期的な大発見をする。「このまま耐性をつけていけば俺たちの病気も治る!」と熱くなる8人。演劇部は女の中に男1人のハーレム状態だったが、今は男の部長1人だけ。元部員の千夏(川床明日香)によると、そこには深いワケがあるという。

着ぐるみを着た中村は「撮影したのが直射日光の強い日だったので、メチャクチャ暑かったです。大きな着ぐるみを着るのは初めてで、うなずいたり、うつむいたり、顔を見上げたり、しっかり動いているつもりでも着ぐるみとしての動きには出ていなかったりして、感覚を覚えるのが大変でした」と意外な苦労を明かした。

撮影中は「よくじゃれ合ってますね。みんな仲良いんですけど特にガリさん(HiHi Jets・猪狩蒼弥)は面白いから、いっぱいしゃべっちゃう。正門くん(Aぇ! group・正門良規)とも、それまではあまり仕事で一緒になったことはなかったんですが、ドラマの撮影を通してすごく仲良くなりました」と報告している。