二宮和也&浅田真央が「24時間テレビ」で“ダーツの旅”

©株式会社東京ニュース通信社

8月24、25日放送の日本テレビ系「24時間テレビ42」(時間未定)で、メインパーソナリティーの嵐・二宮和也、チャリティーパーソナリティーの浅田真央が「ダーツの旅的全国1億人インタビュー!」を行うことが分かった。また、浅田は立川ろう学校の生徒たちとタップダンスに挑戦し、国技館のステージで生披露することも発表された。

「ダーツの旅的全国1億人インタビュー!」では二宮が滋賀県、浅田は福井県を訪れ、奇跡の出会いを連発。またタップダンスは、浅田と立川ろう学校の生徒18人がWANIMAの「やってみよう」を課題曲に、世界的なタップダンサーHIDEBOHのサポートを受けて挑戦する。

ろう学校の生徒たちと初対面した浅田は、手話を交えて「皆さんと挑戦するのはタップダンスです」と告げると、生徒たちは緊張しながらも「うれしい」と一様に笑顔に。浅田も「私もドキドキしています」と返し、和やかな雰囲気に包まれた。WANIMAの「やってみよう」には“トライトライ”という歌詞があり、浅田は「歌詞がすごくいいですよね。みんなとか私たちにぴったりな気がする」と納得。さらに「タップを披露するってことは、やっぱりみんなの気持ちも一つにならないといけないと思いますし、私も頑張ってみんなを引っ張っていかないといけないので、今日はその決意ができたかなと思います」と意気込んでいる。

ほかに、フィギュアスケート・羽生結弦選手が北海道胆振東部地震の被災地を訪れ、復興の願いを込め被災地の⽅を招いてスペシャルアイスショーを行うことも決まった。