クロフォードのサヨナラ打でマリナーズが4連戦スイープ

©MLB Advanced Media, LP.

【タイガース2-3xマリナーズ】@T-モバイル・パーク

マリナーズは、6回終了時点で2点のビハインドを背負っていたものの、7回裏と8回裏に1点ずつを奪って同点に追い付き、延長10回裏には一死二塁のチャンスでJ.P.クロフォードがセンター前に落ちるタイムリーを放ってサヨナラ勝ち。本拠地T-モバイル・パークでのタイガース4連戦を見事にスイープした。5番手として登板し、延長10回表の1イニングを無失点に抑えたロエニス・エリアスが今季4勝目(2敗)をマーク。一方、敗れたタイガースは先発のマシュー・ボイドが10個の三振を奪うなど、7回途中まで3安打1失点という好投を見せたものの、リリーフ陣が粘れず、サヨナラ打を浴びた6番手のホゼ・シスネーロが今季2敗目(0勝)を喫した。

4回表にニコ・グッドラムの10号ソロ、5回表にハロルド・カストロのタイムリーで1点ずつを失ったマリナーズは、試合終盤に反撃を開始。7回裏一死一・二塁のチャンスでカイル・シーガーがボイドからライトへのタイムリー二塁打を放って1点を返すと、8回裏にはトレード市場で他球団からの関心を集めているドミンゴ・サンタナが20号ソロを放ち、2対2の同点に追い付いた。9回表を4番手のアンソニー・バース、延長10回表を5番手のエリアスが無失点に抑え、延長10回裏にクロフォードのタイムリーでサヨナラ勝ち。マリナーズのスイープは、5月中旬にアスレチックス2連戦に2連勝して以来となった。そんなマリナーズをシーズン成績で下回るタイガースは、これで6連敗。直近32試合で4勝28敗という危機的状況に陥っており、勝率.297は両リーグ最悪の数字となっている。