宇垣元アナがセクハラを告白 しかしそんなもんじゃなかった売れっ子女優たちが食らった壮絶な公開セクハラ

©TABLO

画像は『綾瀬はるかファースト写真集/birth』より

元TBSのフリーアナウンサー・宇垣美里さん(28)が学生時代に受けた驚くべきセクハラを暴露し、話題になっています。

宇垣さんは7月28日放送の『二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜』(テレビ東京系)にて、京都の川床で着物を着て接客していた際、客から様々なセクハラ行為を受けたことを告白。「配膳している時にお尻をサッて触られたりとか…。一番すごかったのは着物に、グッと手を入れられて…」と、なんと着物の合わせ部分に手を入れられたことがあると明かし「笑うしかなかったです」と苦笑していたのでした。

この宇垣さんのように、過去にとんでもないセクハラを受けたことがある女性タレントは、他にもまだまだいるようで…。

まずは北川景子さん(32)。北川さんは2015年6月26日放送の『さまぁ〜ずのご自慢列島ジマング』(フジテレビ系)に出演した際、共演の三村マサカズさん(52)に背中から密着されるという憂き目に遭っています。

番組では、タレント陣がバスケットボールに挑戦していたのですが、ボールを構える北川さんの後ろに立った三村さんが「こうやって、ぴったりくっついていい?」と言いながら、いきなり北川さんに後ろから密着したのです。すると北川さんは苦笑いを浮かべながらも動じることなく無反応を貫いてみせ、三村さんはすぐに共演のピース・綾部祐二さん(41)に「ダメダメダメ! 誰でも行っちゃうなあ、関係無しで。病気だなあ」とツッコミを入れられながら北川さんから体を引き剥がされていました。

「北川さんは文句を言うでもなく、うっすら笑顔を浮かべながら動じていない風を装っていましたが、やはり相当驚いたのではないでしょうか。三村さんは過去に谷澤恵里香さんの胸を鷲掴みにするというとんでもないセクハラをしていますから、綾部さんの言うとおり、ちょっと異常なところがあるのでしょう」(テレビ局勤務)

また綾瀬はるかさん(34)にも、下積み時代に番組内でひどいセクハラを受けていた過去があります。綾瀬さんはグラビアアイドル時代していた2001年〜2002年頃に『品庄内閣』(TBS系)という番組にレギュラー出演していたのですが、この番組での綾瀬さんの扱いは相当なものでした。

「番組は品川祐さんや庄司智春さんが“綾瀬さんを鍛える”という名目で様々なセクハラをし、綾瀬さんの反応を楽しむという内容が多かった。綾瀬さんは品川さんのおしりや局部を見せられて爆笑したり、品川さんから半ケツ状態のお尻を擦り付けられるなど、今のトップ女優ぶりからは考えられない扱いを受けていますよ」(芸能事務所勤務)

そして石原さとみさん(32)は比較的近年、大物共演者からのセクハラに遭っています。

石原さんは2018年1月12日放送の『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS系)に出演した際、梅沢富美男さん(69)さんと共演。石原さんとの共演に舞い上がった様子の梅沢さんは、石原さんに会った瞬間に「いい香りがしたなぁと思って」と発言したり、番組内で石原さんが白子が好きだと判明すると「白子が好きなんですって?
珍しいですねえ、どうりで前から色っぽい女だと思ってました」「(白子を見て)ちょうど女の子のケツみたいなもんですよ」と下ネタをかましすなどやりたい放題。

石原さんは梅沢さんの攻撃をニコニコと受け流していましたが、そのセクハラぶりは、共演の安住紳一郎アナウンサーが「必要でしたらすぐ警察呼びますんで」とフォローせざるを得ないくらいのレベルでした。

これほどの売れっ子女優たちでも、番組で公開セクハラに遭う場面があるわけですから、芸能界は何とも恐ろしいと言わざるを得ません…。(文◎小池ロンポワン)