西武中村が5戦5本塁打の大爆発、ハム大田は9安打と好調 19年第18週投打5傑【パ編】

©株式会社Creative2

西武・中村剛也【写真:荒川祐史】

日本ハムが首位ソフトバンクを猛追、ゲーム差は1.5

 梅雨も明け、ペナントレースもヒートアップする第18週の投打5傑

 18週目のパ・リーグ。

【パ・リーグ7/28時点での順位表】

1ソフトバンク(96試52勝40敗4分 率.565 差–)
2日本ハム(95試50勝41敗4分 率.549 差1.5)
3西武(93試47勝45敗1分 率.511 差5.0)
4楽天(93試46勝45敗2分 率.505 差5.5)
5ロッテ(93試44勝47敗2分 率.484 差7.5)
6オリックス(94試40勝49敗5分 率.449 差10.5)

【パ・リーグ第18週(7/22-7/28)の順位表】

1日本ハム(5試4勝1敗0分 率.800)
2ソフトバンク(6試3勝3敗0分 率.500)
3ロッテ(6試3勝3敗0分 率.500)
4西武(5試2勝3敗0分 率.400)
5楽天(5試2勝3敗0分 率.400)
6オリックス(5試2勝3敗0分 率.400)

 一時は7ゲーム差で独走模様だったソフトバンクだが、足踏みをする間に日本ハムが急追。1.5差にまで迫っている。

【打者5傑】

○安打
1大田泰示(日)9
1鈴木大地(ロ)9
3中村剛也(西)8
3西川遥輝(日)8
3茂木栄五郎(楽)8

○本塁打
1中村剛也(西)5
2浅村栄斗(楽)4
2井上晴哉(ロ)4
4デスパイネ(ソ)3
4森友哉(西)3
4レアード(ロ)3

○打点
1井上晴哉(ロ)8
1渡邉諒(日)8
3中村剛也(西)7
3浅村栄斗(楽)7
3デスパイネ(ソ)7
3近藤健介(日)7
3山川穂高(西)7

○盗塁
1中島卓也(日)2
1明石健志(ソ)2
1盗塁17人

○打率規定打席以上
1大田泰示(日).429
2茂木栄五郎(楽).421
3中村剛也(西).400
4鈴木大地(ロ).360
5木村文紀(西).357

○RC(Runs Created)打者の総合指標安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1中村剛也(西)8.87
2井上晴哉(ロ)7.22
3浅村栄斗(楽)6.42
4吉田正尚(オ)5.98
5デスパイネ(ソ)5.80

 西武の中村が5試合で5本塁打と驚異的な活躍。楽天の浅村、ロッテの井上も4本塁打と夏場を迎え状態を上げてきた。

ソフトバンクのミランダ、日本ハムの金子が6回無失点の好投

【投手5傑】
○勝利数
1山本由伸(オ)1
1K-鈴木(オ)1
1ミランダ(ソ)1
1松本航(西)1
1金子弌大(日)1
1有原航平(日)1
1則本昂大(楽)1
1ボルシンガー(ロ)1
1高橋礼(ソ)1
1甲斐野央(ソ)1
1ヒース(西)1
1ロドリゲス(日)1
1益田直也(ロ)1
1ブセニッツ(楽)1
1唐川侑己(ロ)1
1北浦竜次(日)1

○セーブ数
1秋吉亮(日)2
1松井裕樹(楽)2
3益田直也(ロ)1
3ディクソン(オ)1
3森唯斗(ソ)1

○ホールド数
1松永昂大(ロ)3
2石川直也(日)2
2森原康平(楽)2
2高橋純平(ソ)2
2井口和朋(日)2
2ハーマン(楽)2

○奪三振数
1則本昂大(楽)9
2千賀滉大(ソ)8
2松本航(西)8
2山岡泰輔(オ)8
5ニール(西)7
5今井達也(西)7
5種市篤暉(ロ)7

○防御率(規定投球回数以上)
1ミランダ(ソ)0.00
1金子弌大(日)0.00
3二木康太(ロ)1.29
3K-鈴木(オ)1.29
5則本昂大(楽)1.50
5松本航(西)1.50

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回÷9で算出リーグ防御率は4.89
1ミランダ(ソ)3.26
1金子弌大(日)3.26
3二木康太(ロ)2.80
3K-鈴木(オ)2.80
5則本昂大(楽)2.26
5松本航(西)2.26

 ソフトバンクのミランダ、日本ハムの金子が6回零封。ロッテの二木、オリックスのK-鈴木が7回自責点1、救援では復活した日本ハムの秋吉が楽天の松井とともに2セーブ。(広尾晃 / Koh Hiroo)