38歳松井大輔、最高に熱かった「魅惑の超シュート」がこれ

©株式会社コリー

2010年ワールドカップで日本代表の16強入りに貢献した松井大輔。

フランスやロシア、ブルガリア、ポーランドなど世界を股にかけて活躍したファンタジスタも38歳となり、現在はJ2の横浜FCでプレーしている。

その彼は今季、センターバックで起用されるなど話題となったが、週末に行われた第24節ジェフ千葉との一戦で痺れるゴールを決めたぞ(動画1分17秒から)。

動画を見たい場合はここをタップ!

1-1で迎えた65分、右サイドからのロングスローが流れ、それをそのままバイシクルで仕留める!こりゃかっこいいぜ。

試合後「僕はヘディングが少し苦手なので、ボールが浮けばヘディングよりかはボレーを狙う」と語った松井。「狙っていたわけではないが、ボールが浮いたので、いつもやっている感じで足を振り上げた」と説明した。

この魅惑の超ゴールは、29日に発表された「Jリーグ週間トップ10ゴール」で見事1位に輝いている。

なお、松井は36分にも約4年ぶりとなるゴールを決めており、松井の2ゴールで逆転に成功した横浜FCは5連勝となった。