兵庫・市川町長選告示 現職と1新人が立候補届け出

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞NEXT

 任期満了に伴う兵庫県市川町長選と町議選(定数12)が30日告示され、町長選には現職の岩見武三氏(78)と、元同町議会議長の津田義和氏(66)=自民推薦=の2人が無所属で立候補した。同日正午現在、ほかに届け出はない。午後5時まで受け付ける。

 同町の人口は約1万2千人で、県内では神河町に次いで少ない。少子高齢化対策やJR甘地、鶴居駅周辺再整備計画が課題になる。

 岩見氏は県内の市町長で唯一共産党籍を持つ。1期目の実績を掲げて「町政の継続、発展」を訴える。津田氏は「国や県とのパイプを作って事業を前進させる」と主張。兵庫維新の会の推薦も得て支持拡大を狙う。

 町議選には14人が立候補を済ませた。両選挙とも投開票は8月4日。(井上太郎)