宇垣美里のイヤラシ過ぎる“被害告白”に激怒の声「強制ワイセツじゃん!」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

宇垣美里 

(C)まいじつ 

元TBSアナウンサーでタレントの宇垣美里が告白したセクハラ体験に、ネット上で怒りの声が爆発している。

7月27日深夜、宇垣は『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)に出演。TBS退社後に経験したモデルの仕事や局アナ時代のエピソードなど、酒を飲み交わしながらさまざまなトークを展開していった。

話が大学時代に及ぶと、宇垣は「京都四条の鴨川近くで、着物を着て京都弁をしゃべってバイトしてました」と、当時働いていた飲食店でのエピソードを告白。「着物を着ていたので、着付けは今でも得意です」「お客さんの年齢層は結構高めでしたね」などと明かしていく中で、「中にはセクハラをする人もいて…」と、迷惑な客に悩まされていたことも暴露し始めた。

 

あまりの卑劣な手口に怒りが爆発

宇垣は「配膳しているときに、お尻をサッと触られて…」など、当時のセクハラ被害を告白。しかし、この程度はまだ軽かったとのことで、「一番すごかったのが、着物の胸の前の合わせにグッと手を入れてくる人がいて…」と、服に手を入れて胸を触ってくる客がいたと振り返った。

「笑うしかなかったですね。びっくりしました」と当時を振り返った宇垣だったが、ネット上では、

《公衆の面前で着物に手を入れるって、そんな大胆なセクハラする奴いるんだね》
《美人は美人なりにセクハラ受けたりするから大変だな》
《違うバイトでもやられないようなセクハラだね》
《それはセクハラちゃうで…》
《これ犯罪だろ。強制わいせつじゃん》
《レイプみたいなもんだろ》
《最悪な色ボケ老人客》

などと怒りの声が爆発。過去の話とはいえ、強制わいせつともいえる暴挙に及んだ客へ厳しい意見が向けられた。

昨今は〝暴走老人〟などと揶揄される異常性の突出した人間の存在が社会問題と化している。身を守る手段として、一部から「銃の所持を認めろ!」などの〝暴論〟が聞こえだす日も遠くないのかもしれない。