ケイティ・ペリーさん敗訴

米連邦地裁が曲の盗用認める

©一般社団法人共同通信社

米ニューヨークでイベントに出席したケイティ・ペリーさん=4月11日(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米人気女性歌手ケイティ・ペリーさん(34)のヒット曲が盗作かどうかを巡る著作権侵害訴訟でロサンゼルスの連邦地裁陪審は29日、訴えを起こした黒人ラッパーの曲を盗用したと認定する評決を出した。近く被害額の算定を審理するが、ペリーさんは控訴するとみられる。

 ヒット曲は2013年に発表された「ダーク・ホース feat. ジューシー・J」で、各国で大ヒットを記録したアルバム「プリズム」に収録。米黒人ラッパーのマーカス・グレイさんらがフレームの名義で08年に発表した曲「ジョイフル・ノイズ」との類似性を指摘し、著作権侵害で訴えを起こしていた。