参院議運委、介助費を当面負担へ

れいわ2議員に「必要な支援」

©一般社団法人共同通信社

参院議院運営委員会の理事会に臨む与野党の理事ら=30日午後

 参院は30日の議院運営委員会理事会で、れいわ新選組の船後靖彦議員ら重い身体障害がある2人の議員活動中の介助費を、参院などが当面負担すると決めた。末松信介委員長は現在の2人の介助者が引き続きサポートするとした上で「議員活動に必要な介助は行うとの考え方に立つ」と述べ、最大限支援する考えを強調した。

 難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者である船後氏と、重度障害者の木村英子議員は生活全般を支える「重度訪問介護」を受けている。規定では「通勤、経済活動にかかる支援」は対象外。歳費を受け取る議員活動は経済活動と見なされる。船後氏らは公的補助を要望していた。