ワンダーフェスティバル2019[夏]で初お披露目! 週刊『ゴジラをつくる』完成版の展示が大好評!

©有限会社ルーフトップ

株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、 2019年7月28日に幕張メッセで開催されたガレージキットの祭典であるワンダーフェスティバル2019[夏]にて、2019年8月27日に創刊する週刊『ゴジラをつくる』で組み立てる1/87スケールのリモートコントロール・モデル初代ゴジラの完成版プロトタイプが初お披露目された。

全高約60cm、 全長約90cmのリモートコントロール・モデル初代ゴジラはインパクト抜群。 会場に集まったゴジラファンからは「思っていたより大きくて、 すごい迫力!」「圧倒的存在感!」「これが自分で作れて動かせるなんて夢のようだ」「実物を見たら買わないという選択肢はない」など感嘆の声が上がっていた。

た、 会場にはゴジラ造形の第一人者である酒井ゆうじ氏によって着色・仕上げ作業が行われた原型モデルの展示も行われ、 その圧倒的な再現性やディテールも注目を浴びていた。多くのお客様が写真を撮影し、 SNSに投稿したことで、 「#デアゴゴジラ」がTwitterのトレンド入り(Twitterのタイムライン上で使用頻度が高く、 短時間で急上昇した話題性の高いワード)するなど、 会場は熱気に包まれた。

次回、 8月24日(土)・25日(日)に幕張メッセで開催されるキャラクターとホビーの文化を融合させた日本最大級の参加型エンターテインメントイベント「C3AFA TOKYO 2019」でも週刊『ゴジラをつくる』完成版の展示が行われる。