パブリカ・コンバーチブル | トヨタ - スポーツカーのエントリーモデルとして登場

©株式会社ライトアップ

コンバーチブルはパブリカの豪華版!

・モデル名 :パブリカ・コンバーチブル
・世代/型式:初代/UP20S型
・メーカー名:トヨタ
・年式   :--
・撮影場所 :トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018

国民車だってスポーツしたい!風を切って走りたい!

昭和30年に発表された国民車構想。正確には発表されたというより、通産省(当時)のクルマ好きな若手官僚が大学教授などの協力を仰ぎつつ青写真を描いていたのを、マスコミが素っ破抜いたといわれている。
政策案が素っ破抜きの対象になるなんて驚きだが、やはりそれだけ国民の間に自動車に対するあこがれや切望感が高まっていたということなのだろう。
「4人乗りまたは2人乗り時に荷物100kg搭載可能、最高速度100km/h、時速60km/hで1リットルあたり30km以上の燃費、それを価格25万円以下」という、当時からしたら夢のような内容だった。

それに対してトヨタが出した答えが、初代パブリカだった。
トヨタが極限まで削った最低限の機能と性能、この上なく簡素な装備だが4人がなんとか乗れて、当時の常識を覆す38.9万円という価格で売り出した。
先に挙げた「国民車構想」の要望に少しでも近づくようにトヨタが努力した結果だ。
豪華版の「デラックス」やオープンモデルの「コンバーチブル」もラインナップされ、人気を集めた。
文字通り、パブリカは「パブリック・カー(大衆の車)」となり、その成功によってマイカー時代の幕が開かれたのだった。

コンバーチブルはパブリカの豪華版という位置づけで、メッキのモールやバンパーが奢られるなどセダンやバンより華やかな印象になっている。当時、4座のオープンカーはとても珍しい存在だった。

旧車ギャラリー|ゴールデン横丁

クイズ・旧車千本ノック|ゴールデン横丁