仲間由紀恵の超クズっぷりに視聴者激怒「谷原章介がかわいそう」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

7月24日、杏主演のドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)第3話が放送された。この回で、不倫妻を演じる仲間由紀恵に怒りの声が続出した。

32歳、独身、彼氏なしの派遣社員・鐘子(杏)が主人公。旅先で出会った年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)に出会い、咄嗟に既婚のフリをしたところから、まさかの恋がスタート。一方、鐘子の姉・葉子(仲間由紀恵)は、完璧な夫・賢治(谷原章介)がいるにも関わらず、ピンク頭の年下イケメンボクサー・風太(瀬戸利樹)と〝本当の〟不倫をしていた。しかし、風太には自分が既婚者であることを隠している。

第3話では、風太から練習中に怪我をしたので見舞いに来てほしいとせがまれた葉子は、賢治との結婚記念日ディナーを抜け出す口実を作るため、鐘子に「急病を装って病院から呼び出してほしい」と協力を頼む。

 

仲間由紀恵に「気持ちいいくらいクズやないか」

ディナー中、賢治は夫婦がすれ違う生活が続いていることに言及し、「僕たちってうまく行ってるよね?」と弱音を漏らす。さらに、子どもが欲しいとまで切実に訴えたが、葉子は「仕事を続けたい」と交わしてスルー。そして食事がデザート入ると、手はず通りに鐘子から〝腹痛で病院にいる〟というウソの電話を受け取って、すぐさま病院へ。

偽装不倫 

画/クロキタダユキ  (C)まいじつ 

偽装不倫 

画/クロキタダユキ  (C)まいじつ 

悪びれる様子はまるでなく、不倫相手の風太とカップラーメンを食べ、豪華ディナーよりもこっちのほうが美味しいとまで言い切るのだった。

この葉子の様子に、視聴者の怒りは爆発。

《谷原章介がかわいそうすぎて辛い…》
《こういう出来た旦那さんがいるのにあぐらかいて不倫する女ってクズ》
《結婚記念日なのに… 最低すぎるよ…》
《仲間由紀恵気持ちいいくらいクズやないか》
《胸糞悪いなこいつ。こんな完璧な旦那がいるのに》

といった声が上がっていた。

あの仲間由紀恵がここまでのクズを演じるとは、誰もが衝撃を受けたようだ。