グランツーリスモSPORTの7月アップデートでホンダ・シビック・タイプRなど5車種追加

©株式会社サンズ

 好評発売中のプレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』に7月アップデート(1.41)が登場した。今回のアップデートではジャガーやマツダ、ホンダ、ポルシェなど5台の車両が新規追加されている。

 追加された車両は『オープンライトウェイトレーシングカー』、『走りに特化したホンダスポーツ』、『時代を象徴するターボ・スポーツ』などをテーマにした5台で。具体的にはジャガーD タイプ’54、マツダロードスターTouring Car、ホンダS800’66、ホンダシビックType R (EK)’98、ポルシェ911 Turbo (930)’81が新たに収録された。

 そのほかオフラインモード“GTリーグ”のワールド・ハッチバック選手権やノスタルジック1979などに複数ラウンドが追加されたほか、コースを習熟できる“サーキットエクスペリエンス”にサルデーニャ・ロードトラック・A、写真撮影モード“スケープス”に新特集が追加されている。

 このグランツーリスモSPORTの7月アップデートは無料で配信中。インターネットに接続されたプレイステーション4でゲームを起動すれば自動でダウンロードが開始される。

 アップデートの詳細などはグランツーリスモSPORTの公式サイトまで。

グランツーリスモSPORTに7月アップデートで新規追加されるジャガーD タイプ’54、マツダロードスターTouring Car
グランツーリスモSPORTに7月アップデートで新規追加されるポルシェ911 Turbo (930)’81
GTリーグの複数レースにもラウンドが追加される