動物×笑い「ZOOチューバー」第2弾、千鳥・ノブが「“うな牛”みたい」と手応え

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合で8月19日放送のお笑い芸人やタレントたちが動物映像を使って“爆笑動画”を作成するバラエティー「急上昇↑ZOOチューバー」(午後10:50)の取材会が行われ、スタジオ出演するお笑いコンビ・千鳥、ハライチ、声優の三森すずこが出席した。千鳥のノブは「今回はゲームの設定と動物の動きをコラボさせた動画などもあり、そういうやり方があるのかと驚かされました。芸人の笑いとアイデア、そしてすごい動物の映像が一緒になって、うな丼と牛丼が一緒になった“うな牛”みたいでした」と見どころをアピールした。

同番組は、芸人たちが架空のサイト「ZOOチューブ」に動物の爆笑動画を投稿する“ZOOチューバー”に扮(ふん)するバラエティー。今年3月に第1弾が放送され、第2弾となる今回は「ダーウィンが来た!~生きもの新伝説~」(日曜午後7:30)、BSプレミアム「ワイルドライフ」(月曜午後8:00)などのNHKの自然番組の動物映像を使って、菊地亜美、カミナリ、三四郎、霜降り明星、ジャングルポケット、とにかく明るい安村、ハライチ、和牛らが爆笑動画を制作して競い合う。

スタジオでは千鳥とハライチが動物映像のセリフを考え、それを三森がアテレコするコーナーも収録され、三森は「皆さんが考えてくださったセリフを読みましたが、いつものアフレコとは違って、動物に声を当てるのが楽しかった。日ごろから動物のかわいい映像を見るのは大好きなのですが、今回は芸人さんたちが作った動画をとても面白く見させていただきました」と大満足の様子。千鳥の大悟も「見ていて楽しい番組ですし、自信を持って子どもに見せてあげられる番組だと思います」と訴えていた。