セブン本部を店舗オーナー提訴へ

明細開示に数十万円は不当

©一般社団法人共同通信社

セブン本部が示した見積書。仕入れ先6社の2カ月分の支払い明細の開示に作業費として21万1200円を請求している(画像の一部を加工しています)

 酒やたばこなどの仕入れ業者への支払い明細について、決済代行するセブン―イレブン・ジャパン本部に提供を求めたところ作業費として数十万円を請求されたとして、セブン店舗のオーナーが無償での明細開示を求め、8月1日にも東京地裁に提訴する方針であることが31日、分かった。

 加盟店では到底支払えない法外な請求を行うことでセブン側が実質的に開示を免れているのは不当だとオーナー側は主張している。

 セブン本部は、各店舗に「弁当」など大枠で支払い内容を伝えているとした上で「それ以上の明細が必要な場合は、外部に委託し公平性のあるデータ提供が必要」と説明している。