全身あざだらけ、義理の母を棒で殴り死なす 66歳女逮捕

©株式会社神奈川新聞社

神奈川県警本部

 義理の母を棒状の物で複数回殴り、死亡させたとして、県警捜査1課と大船署は31日、傷害致死の疑いで、鎌倉市岩瀬1丁目、無職の女(66)を逮捕した。

 逮捕容疑は、6月16日午前11時ごろ、自宅で義理の母(92)を棒状の物で複数回殴って死亡させた、としている。司法解剖の結果、全身打撲による外傷性ショック死と判明。同容疑者は容疑を認めているという。義理の母とトラブルがあったという趣旨の供述をしており、県警は動機を調べている。

 同課によると、同容疑者は介護が必要な60代の夫と2人暮らし。義理の母は老人ホームに入居しており、事件の数日前から一時帰宅していた。同日午後4時20分ごろ、同容疑者が「主人のお母さんが動かない」と119番通報し、救急隊員が駆け付けると、全身あざだらけで心肺停止した状態の義理の母が台所の床に倒れていたという。