米大リーグ、グリンキーらが移籍

トレード期限迎え、日本選手なし

©一般社団法人共同通信社

グリンキー投手(ゲッティ=共同)

 【デンバー共同】米大リーグは7月31日、トレード期限を迎え、アストロズが今季を含めて12年連続で2桁勝利を挙げているダイヤモンドバックスのエース右腕グリンキーを獲得するなど移籍が続々と成立した。日本選手の移籍はなかった。トレードは8月以降もウエーバーを経れば可能だった昨季までと変わり、今季はこの日が締め切り。

 アストロズは昨季途中までエンゼルスで大谷とバッテリーを組んだ捕手マルドナドもカブスから獲得。ブレーブスはタイガースから今季22セーブのグリーン、ジャイアンツから通算183セーブのメランソンを補強。カブスにタイガースから外野手カステラノスが移籍した。