「絆のペダル」に原晋監督が出演、相葉雅紀のサポートに感謝

©株式会社東京ニュース通信社

8月24、25日放送の日本テレビ系「24時間テレビ42」(時間未定)のドラマスペシャル「絆のペダル」に、藤井隆、酒井若菜、青山学院大学駅伝監督の原晋氏が出演することが決まった。

相葉雅紀が主演する同ドラマは、実在の自転車ロードレーサー・宮澤崇史さんとその母・純子さんの絆を描くもの。母の純子(薬師丸ひろ子)と二人三脚でプロの自転車ロードレーサーになった崇史(相葉)が、肝臓の病で倒れた純子の命を救うために生体肝移植を決心。純子は崇史の選手生命が絶たれることを恐れるが、「絶対に日本一になる」と約束した崇史が奇跡を起こすストーリー。藤井は少年時代の崇史に大切なアドバイスをくれるロードレーサー役、酒井は崇史の姉・妙子役、原氏は崇史を厳しく育てる元全日本チャンピオンの指導者役を演じる。

藤井は「真夏の暑い日差しの中、スタッフの皆さんの素晴らしい熱意に感動いたしました。きっと見た後に自転車に乗りたくなるようなドラマになっていると思います。ぜひたくさんの方々にご覧いただけたらと思います」と意気込みをアピール。

酒井は「相葉さんとは今回が初共演ですが、すぐに本当の弟のような親しみを感じました。また、真摯(しんし)に役に取り組む姿には、胸を打たれるばかりです。私は相葉さんと薬師丸さんと3人のシーンがほとんどなので、家族でコロコロ笑い合いながら楽しく撮影させていただいてます」と撮影現場の様子を明かし、「このドラマの見どころとしては、誰もが『支える人』であり、同時に誰もが『支えられる人』でもあるというところでしょうか。支えられているからこそ、自分の番がきたらとことん頑張れる。そんな底力って本当にあると思うのです。視聴者の皆さまにあらためて『絆』の強さ、優しさを感じていただければうれしいです」と見どころを訴えている。

また、原氏は「出演が発表される日まで、オファーをいただいたことが信じられませんでした。いまだドッキリかなと思っています。本作への出演を通して、監督は選手の心のよりどころとなることを改めて感じました。撮影では、NG連発で通常の収録の5倍くらい時間を要してしまいましたが、相葉さんは『監督、大丈夫ですよ』と笑顔で声をかけてくれて大変感謝しています。多くのファンに愛されている理由が分かりました。私も大ファンです」と相葉に助けられながら芝居に挑戦したことを明かしている。