国民・玉木代表「痛恨の極み」

参院選総括へ全国幹事会

©一般社団法人共同通信社

国民民主党の地方組織の幹部を集めた会合であいさつする玉木代表=1日午後、東京・永田町の党本部

 国民民主党は1日、地方組織の幹部を集めた全国幹事会を党本部で開き、先の参院選を総括するため意見交換した。玉木雄一郎代表は改選8議席を維持できなかったことについて「痛恨の極み。おわびしたい」と陳謝した。党独自の憲法改正案をまとめ、安倍晋三首相と議論する考えを示したインターネット番組での発言に関しても「言葉足らずの面があった。お騒がせして申し訳ない」と述べた。

 幹事会で玉木氏は次期衆院選に向け「最大の敵は低投票率と無関心だ。通常のやり方ではメッセージが有権者に届かない」と述べ、ネット選挙や党独自の政策に工夫を凝らす必要性を強調した。