小早川俊輔×大矢剛康×太田裕二×竹内寿 tvk「猫のひたいほどワイド」“猫ひたブラックス”黒’sトーク【前編】

©株式会社東京ニュース通信社

小早川俊輔×大矢剛康×太田裕二×竹内寿 tvk「猫のひたいほどワイド」“猫ひたブラックス”黒’sトーク【前編】

テレビ神奈川(tvk)の報道部と同局の昼の情報番組「猫のひたいほどワイド」がタイアップし、7月21日に放送された参院選開票特番第2部「選挙Link~猫と夜ふかし」。インターネットTVガイドでは「猫のひたいほどワイド」から「選挙Link~猫と夜ふかし」に出演した、“猫の手も借り隊”の各曜日リーダーである小早川俊輔さん(月曜)、大矢剛康さん(火曜)、太田裕二さん(水曜)、竹内寿さん(木曜)からなる“猫ひたブラックス”にインタビューを実施しました。題して「猫ひたブラックス黒’sトーク」! 「選挙Link~猫と夜ふかし」の感想や日々の放送の裏側など、“猫ひた”が夏休み期間中で“ロス”になっている皆さま必見のロングインタビューです!

──本日はお集まりいただいて、ありがとうございます。“猫ひたブラックス”の皆さんは番組1年目から出演する「一期生」ですよね。

一同「『一期生』って(笑)、いい響きですね。よろしくお願いします」

──皆さん以外で現在も出演中の一期生は、山形匠さんと谷水力さんですね。

竹内「“たっくん”(山形)は今日の選挙特番に出たら危ないですよ。大矢くんは同じ曜日だったから分かるよね」

大矢「そうだね」

竹内「“たっくん”が暴れた時の手の付けられなさ。もう、彼はゴリラなんですよ。檻から出てしまったら誰も入れられないという」

一同「(笑)」

●猫とさらに夜ふかし!

──早速ですが、先ほど放送が終了しました「選挙Link~猫と夜ふかし」の感想を伺えればと思います。

小早川「スタジオの時間は短かったですけれど、出口調査について取り上げたり、開票所に実際に行ったりと、気が引き締まりました。自分たちの1票がどういった動きをしているのか目の当たりにできたこと、それを皆さまに伝えられたことは意味があったと思います」

太田「票が積み上がっているのが見られたのは良かったよね。実際の1票が見られたというのが」

竹内「薄い紙があんなに分厚くなるんだ!ってね」

大矢「今まではテレビで数字を見ていただけだったけれど、実際に票が積み上がっているのを見て、選挙を実感したよね」

──中継中の小早川さんのパフォーマンスは目を引きましたね。久々にはじけている小早川さんを見た気がします。

竹内「なんでここだったのだろうね。スーツ効果ですかね、逆に」

小早川「確かにスーツを着て戦士になったような気が。攻撃力も随分上がったような」

大矢「攻撃力上がりすぎでしょ。攻めて攻めて攻めまくりだったもの」

竹内「防御力はゼロだったでしょ。一言でも注意されたら心折れていたでしょ」

小早川「折れていたと思う。だから、スタジオの音声が聞けるインカムは付けずにやったよ。『その場を支配してやる』という気持ちでね」

竹内「それは今までの経験もあって、場を支配することができたの?」

小早川「これまでの積み重ねですよ。緊張感にめげちゃだめだ、そんな空気すら俺が“総なめ”にしてやろう、と思いましたから」

大矢「いい感じで空気を変えてくれたよね」

太田「議員さんが退席した後もスタジオの空気は張り詰めていたけれど、“やかわさん”(小早川)が戻ってきてね」

竹内「あれは絵的に強かった」

──では、大矢さんの感想をお願いします。

大矢「今までの『猫ひた』にはない空気感で。今もそうですが汗が止まらずというか」

小早川「止まっているよ」

大矢「(振り返って、汗を拭くポーズをしながら)汗がすごく出ているのですが。その中でも僕たちのテンションも伝えられつつ、うまいバランスで行けたんじゃないかと。僕は選挙事務所におうかがいしたのですが、普段の俳優活動では…」

小早川「えっ、俳優なの?」

大矢「俳優だよ。『猫ひた』に出演している俳優なんです。そこはTVガイドの読者さんも勘違いしないでくださいね。えっと、普段の俳優活動では体験できないことができて良かったです。もう、すぐビール飲みたいですね」

竹内「違うでしょ!」

大矢「違うの? (キメ顔で)こういう空気感がレジェンド大矢です!」

──はい。ありがとうございました。

大矢「はぁー。疲れますね」

──議員さんの当確の瞬間に立ち会った大矢さんは、興奮されていたのか、声が高くなって、例のパリジェンヌになっていた気がしましたが…。

大矢「ちょっと待って、あれは別人ですよ! でも、今までテレビで見ていた万歳の瞬間を間近で見ると熱量とか半端なかったので、あんなテンションになりますよ。貴重な体験でした」

竹内「うん、理解できるよ。現場の張り詰めた空気が当確で変わったことに、自分も自然に巻き込まれていくという」

小早川「(♪「張り詰めた~」と歌いだす)」

竹内「どうしたの? 今日?」

小早川「夜のテンション」

──太田さんは一番キャスターの雰囲気が出ていた気がしました。

太田「そうですね。『選挙Link』に一番ふさわしいのは適材適所、この太田裕二かと。決まった時からずっとこの日に照準を合わせてきたので。ただ、一つ心残りはスタジオに登場した議員さんと議論できなかったことですね」

竹内「挑戦しようとしていたことが、すごいもんね」

太田「一応、やる予定だったのですが、時間の関係などで流れてしまいました。議員さんと直に会話したかったですね。お考えとかね」

大矢「本番中もノートにメモぎっしりとっていたもんね」

太田「(涼しい顔で)書いてないですよ」

小早川「あれ、言おうとしている四字熟語でしょ」

太田「いやいや。また、リベンジの機会があればぜひお願いしたいですね」

小早川「じゃあ、水曜日の『猫ひた相談室』で」

大矢「ほかの子たちが、ついてこられるか…?」

──太田さんのリポートテーマは「神奈川県にある米軍基地」でしたね。番組としてデリケートな問題にあえて斬り込んでいた気がしました。

太田「確かに、ロケで基地に行くよと言われた時は驚きました。自分も基地のことはよく知らなかったので。ただ、今回取材をして、自分ももっと考えないといけないなと思うことがあったので、それが見ている方にも伝わって、またそれが新たな“きっかけ”になってもらえればと思います。“きっかけのドミノ倒し”ですね」

小早川「ズバリ、四文字熟語で」

太田「日進月歩」

竹内「お菓子の名前みたい(笑)」

──竹内さんお願いします。

竹内「深夜に特番があると聞いて、これはめちゃくちゃ楽しいことになるぞと思っていたら、選挙特番だったから、その日からずっと緊張が止まらなかったですよ。昨日は寝る前に、自分でできることはないかと、調べものをしていたんですけれど、大矢くんから『不安でたまらない』ってLINEが来て…」

大矢「僕の中では、太田くんは東大出身だし、小早川くんは早稲田を出てるしで、まず仲間意識のある寿くんに連絡したんですよ」

竹内「ひどい話でしょ。僕はその時は割と冷静に勉強していたんですけど、そのLINEのせいで緊張し始めてしまって、大迷惑でした」

大矢「まぁ、寿くんも『何言ってんの、俺も同じだよ』って感じになって。あっ、仲間だと思った瞬間『明日、まとめればいいや』って思ってすぐに寝れた」

竹内「寝れた?」

大矢「うん、寿くんのおかげ」

──取材はどうでしたか?

竹内「僕は奨学金を返済しながら働くフォトグラファーさんを取材しました。カメラマンさんやフォトグラファーさんは職業柄近しい存在であり、そうした方々の仕事への熱意は知っているけれど、もしその人が奨学金の返済をしていたとしても、僕らには言わないじゃないですか。取材したフォトグラファーの方は、自分の仕事に対して熱いものを持っている一方で、奨学金の返済という別のものを抱えているという。そんなリアルな姿を感じました。太田くんが奨学金返済していることも、今回の機会があったから僕は知れた。現実を知っていくと、どんどん見えてくることがある。そうしたら、投票に対する自分の姿勢もすぐに変わった。もしかしたら、投票に行かない若い人たちは本当に何も知らないだけかもしれない。でも、こうやって何か少し知るだけで、投票に行ける可能性があることを感じて。僕ができる伝え方もあるのではないか、という今後の課題まで見えた気がします」

大矢「確かに『選挙Link』の中で年代別の投票率の推移(2001~16年までの参院選でのデータ)を紹介していたけれど、20代はずっと低かったじゃない」

小早川・太田・竹内「低かったね」

小早川「10代は、18歳選挙権が始まったばかりだけれど、40%は越えていたのにね」

太田「始まったばかりだと、関心があって行く人が多いのかな」

竹内「30代、40代もその上の年代に比べたら投票率は低かったし、年代が若いほど投票率が低いという問題は長い間続いている気がする。」

小早川「そっか。さっき10代の投票率が40%代で高いって思ったけれど、それは相対的にみた場合であって、実際にはおよそ10人に4人しか投票に行っていないんだもんね。そうなると、また見方も変わってくる」

太田「今回の参院選の投票率も全体では50%を割っていたしね」

竹内「今回取材して、身近なことをきっかけに『本当に一票で変わるんだよ』ということを若い世代に知ってほしいと感じました」

──竹内さんの「お金のことで、夢ややりたいことを諦めないでほしい」というメッセージは特に心に響きました。

竹内「同じ役者で、とてもお芝居が上手なのにお金がないという理由で辞めていった子を知っているんです。本当の才能はお金で買えないじゃないですか、でもそれが、お金がないとできないというのは違う気がして。だって、芸能界に限らず才能ある子が向いている仕事に就いたらすごいことができるのに。それを早い段階で摘んじゃうのはもったいないと思います」

──みんなが同じスタートラインに立てるようにすることが必要な気がしますね

太田「そうですね。そこがまだ出遅れているのかもしれないですね」

竹内「自分を変えるためにも、今後自分が生きやすい社会をつくるためにも、今自分が動かないと何も変わらないのだなとすごく実感しました」

──「選挙Link」延長戦といった感じになりましたね。

一同「(笑)」

小早川「確かに、番組中みんな緊張していたから、今しゃべりたいことしゃべれているって感じになってるでしょ」

大矢「今のでミニ番組できるんじゃない」

盛りだくさんのインタビューは【後編】に続きます! https://www.tvguide.or.jp/feature/specialinterview/20190801/03.htmlをチェック!!

【プロフィール】


小早川俊輔(こばやかわ しゅんすけ)
1993年10月12日生まれ。大阪府出身。「猫のひたいほどワイド」月曜ブラック。7月31日~8月4日は舞台「HERO」に出演。今秋は、舞台「銀河英雄伝説Die Neue These」第三章(東京 「10月24~27日/大阪 「11月2・3日)を控える。映画「先生から」(10月4日から全国順次公開)にも出演。

大矢剛康(おおや たかやす)
1992年5月28日生まれ。神奈川県出身。「猫のひたいほどワイド」火曜ブラック。「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」(フジテレビ系)では“ものまねジャニーズ軍団”の一員として出演。

太田裕二(おおた ゆうじ)
1990年4月21日生まれ。滋賀県出身。「猫のひたいほどワイド」水曜ブラック。オムニバスコント「実弾生活20 サメなる浜辺」(8月22~26日)、舞台「月夜に舞い上がる桜」(9月7~16日)に出演を控える。

竹内寿(たけうち とし)
1993年10月26日生まれ 長野県出身。「猫のひたいほどワイド」木曜ブラック。出演作に舞台「春のめざめ」「信長の野望・大志~冬の陣~」、ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」(NHK)、「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系)など。

【番組情報】


「猫のひたいほどワイド」
テレビ神奈川(tvk)
月~木曜
午後12:00~13:30(午後12:00~12:30はテレ玉、チバテレでも放送)
※高校野球神奈川県大会期間中は放送休止。8月5日から放送再開予定。

取材・文/大山敬仁