3人争いの早島町長選4日投開票 子育て充実や高齢者福祉が争点に

©株式会社山陽新聞社

(左から)澤田順一氏、中川真寿男氏、八木茂氏

 任期満了に伴う岡山県早島町長選は4日に投票、即日開票される。

 立候補しているのは、新人で元倉敷市職員の澤田順一氏(60)=同町早島、再選を目指す現職の中川真寿男氏(65)=同、新人で元早島町議の八木茂氏(66)=同=の無所属3人。

 単独町制を120年以上にわたって続ける町の持続的発展に向け、子育て支援の充実や拠点性の向上、高齢者福祉の対応などが争点となっている。

 澤田氏は「町民目線とスピード感をモットーに、停滞した町政を変える先頭に立つ」、中川氏は「5年連続で人口が増加している町の勢いを次の4年でさらに加速させる」、八木氏は「民間経験を町政運営に生かして、住んで良かったと思える町を実現する」などと訴えている。

 投票は4日午前7時~午後8時に早島小体育館(同町早島)で行われ、同8時45分から町中央公民館(同町前潟)で開票される。同10時ごろには大勢が判明する見通し。

 有権者数(7月29日現在)は1万188人(男4812人、女5376人)。