この行動が命を救う!赤ちゃんが熱中症?と思ったら、すぐすべき応急処置

©株式会社ベビーカレンダー

【医師監修】いつもと様子が違うなど、赤ちゃんが熱中症かな?と思ったときに、ママが取れる対処法について小児科の先生が解説します。

赤ちゃんは体温調整機能や汗の量を調節する機能が未発達のため、上手に熱が発散できません。そのため熱中症になりますいのです。赤ちゃんが不機嫌だったり、汗を大量にかいているなど、熱中症かな? と思われるサインが見られたら、ママやパパがとっさにしてあげるべき行動を紹介します。

すぐするべき応急処置ステップ2

熱中症⁈と思ったら体内にこもった熱を冷やすことが大切。脱水症状も心配されるので、水分も補給します。

体を冷やす

★涼しい場所に移動させる

エアコンが効いている部屋や、なければ風通しのいい木陰など涼しい場所へ移動させます。エアコンは25〜27度で直接風が当たらないようにしましょう。

★着衣を減らしてあおぐ

体にこもっている熱を放出させる為に、衣類のボタンを外してゆるめたり、肌着を着ているなら肌着1枚にします。風通しをよくしたら、うちわなどであおぎます。

水分補給をする

★おっぱい・ミルク・麦茶などを

基本はおっぱい、ミルクもしくは麦茶などの手持ちの水分があればそれを与えます。離乳食が始まっているのなら、塩分が含まれているBFなどの野菜スープなども効果的です。イオン飲料はパッケージ記載の月齢から飲めますが基本的には通常飲ませている水分が飲めて入れ必要ありません。

★意識がない・吐く時は無理に飲ませない

無理に飲ませようとすると軌道に水分が入ってしまう可能性があるので、無理強いは禁物です。

シャワーなどで水を浴びさせるのも効果的

重症かなと思ったら体を素早く冷やすことが大切。効果的なのがシャワーで水をかけたり、お風呂に水を張ってつけるなどの方法です。足先など心臓から遠い部分からやさしくかけましょう。体幹を触って冷たくなっていたら体を軽く拭いてうちわなどで仰ぎます。

アイテムが手に入ればぜひ活用を

★水で絞っタオルで体を拭く

水で絞ったタオルで体を拭いたり、赤ちゃんの肌を軽くぬらし、うちわなどであおいで体の熱をとります。

★保冷剤などをわきや足の付け根(鼠蹊部)に当てる

冷やした保冷剤やジュースなどの缶をガーゼなどで包み、わきの下やあしの付け根など太い血管のあるところに当てます。

熱中症は屋外だけでなく、室内などでも起こります。赤ちゃんの普段の様子をよく見ておき、おかしいなと思ったら慌てず、素早く対処することが大切です。重症と思ったら診療時間外でも、受診をしてくださいね。

熱中症の症状、受診の目安は以下をチェック!


監修者:医師 石戸谷小児科 院長 石戸谷尚子 先生

医師、医学博士。1981年徳島大学医学部を卒業後、東京慈恵会医学大学、小児科入局都立母子保健院及び慈恵医大付属第3病院勤務を経て1995年現職に。日本小児科認定 小児科専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医、日本血液学会認定 血液専門医。


「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡