女流将棋、里見が清麗戦で先勝

初の六冠に挑む

©一般社団法人共同通信社

里見香奈女流五冠

 将棋の第1期清麗戦決勝5番勝負の第1局は3日、東京都港区で指され、後手の里見香奈女流五冠(27)が96手で甲斐智美女流五段(36)を破り、先勝した。里見女流五冠は7タイトルのうち、初の六冠を目指す。

 里見女流五冠は6月、女流王位を奪還して女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花と合わせ、五冠を獲得、自身の最多記録に並んだ。今期から新設された清麗戦は決勝に進んだ両者で5番勝負を行い、初代のタイトル保持者を決める。

 第2局は24日、鹿児島県指宿市で行われる。