島鉄島原駅 “鯉駅長”さっちゃん 「旅のお土産に」

縫いぐるみ、目覚まし時計… 新商品発売

©株式会社長崎新聞社

「さっちゃん」をモチーフにした縫いぐるみや、車両形の目覚まし時計など新商品

 島原鉄道(長崎県島原市)が創立111周年を記念し、縫いぐるみや、車両形の目覚まし時計など同社のイメージキャラクター「さっちゃん」をモチーフにした新商品を販売している。担当者は「さっちゃんを知ってもらい、旅のお土産にしてほしい」とPRしている。
 さっちゃんは、島原駅改札そばの水槽で飼われている雌の黄色いコイ。湧水に恵まれ、観光名所「鯉(こい)の泳ぐまち」で知られる島原の玄関口である同駅の“駅長”に2016年3月、就任した。
 さっちゃんの縫いぐるみは、大きさ10センチ(850円)と35センチ(6千円)の2種類。35センチサイズは創立111周年を記念し、「001」から「111」までのシリアルナンバー(識別番号)入り。島原、諫早両駅で111個限定で販売している。
 ラッピング車両を模した列車形グッズはキーホルダー(700円)と目覚まし時計(1500円)。時計は設定時刻になると窓が光り、アラームが鳴る。ミニカーのように走行もできる。
 縫いぐるみを除く各商品は島原駅や諫早駅、バス営業所、インターネットのオンラインショップ「しまてつショップ」などで販売している。同社(電0957.62.2263)。