「思い出のメロディー」に年内引退発表の森昌子が出演「テレビでの歌唱はこれで最後かも」

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合で8月17日放送の「第51回 思い出のメロディー」(午後7:30)に、年内での引退を発表した森昌子が出演することが決まった。森は「自分で決断したこととはいえ、年内で皆さまとお別れするのはとても寂しいですが、皆さまの応援のお陰で、森昌子として本当に幸せな歌手生活でした。デビューしてから47年、人生の大半を共に歩んで来てくれたファンの皆さまには心から感謝しております」と感謝のコメントを寄せた。

同番組は、今年で51回目となる夏恒例の音楽番組で、視聴者のリクエストで時代を越えて日本に勇気と元気を与えてくれた名曲の数々を届けるもの。NHKホールの公開収録で、森は数々の代表曲の中から特別な思いのある「おかあさん」「越冬つばめ」をNHKに残る過去の自身の映像とデュエットする形で披露し、2曲の誕生秘話も交え万感の思いを込めて歌う。

森は「私にとってNHKホールは、1973年の紅白初出場以来、多くの歌番組やコンサートでお世話になり、本当にたくさんの思い出が詰まった特別な場所です。現在はラストコンサートツアー中のため、テレビを通じて全国の皆さまに歌をお届けできる機会はもうこれで最後となるかもしれません。精いっぱい歌いますので、ぜひご覧いただきたいです」と意気込んでいる。