「一戦必勝、打ち勝つ」力込める 全国高校野球の立命館宇治

©株式会社京都新聞社

対戦相手が決まり、笑顔を見せる立命館宇治ナイン(フェスティバルホール)

 立命館宇治は、45年ぶり出場となる秋田中央との顔合わせとなった。「やってやるぞ」と声をそろえたナイン。吉村主将は「京都大会と同じように粘り強く、最後まで諦めずに戦う」と闘志をみなぎらせた。

 秋田中央は地方大会で3人の右腕が登板。エース松平は全5試合に投げ、防御率は0.55と抜群の安定感を誇る。スライダーに切れがあり、1年生捕手の野呂田がリードする。京都大会でチームトップタイの8打点を挙げた浅野は「初球の甘い球を逃さず仕留めたい」と見据える。

 相手打線は打率3割超が7人。5番野呂田は打率5割、6番斉藤は5割6分3厘と打ちまくった。派手さはないが、1試合平均6個を超える四死球を選ぶなど打者の選球眼も光る。対峙(たいじ)する左腕高木は「自分のリズムで投げたい」。この日の練習で久々にブルペンに入ったといい、「思ったより早い日程になった。万全の状態に仕上げる」と話した。

 秋田勢として昨夏の金足農に続く旋風を狙う相手に対し、「勢いに押されず、全員の気持ちを一つにして向かっていく」と荒井。一つ勝てば、プロ注目の右腕奥川を擁する星稜(石川)と対戦する可能性があることも選手たちのモチベーションになっている。浅野は「一戦必勝。打ち勝ちたい」と力を込めた。

  ◇

 立命館宇治・里井祥吾監督の話 第4試合となり、気候面の心配がなくなった。相手に不足はない。浮き足立たず、攻守で試合の主導権を握れるか。「まず1勝」が合言葉になっている。目の前の相手に集中したい。