英国のB・ヒートリーさん死去

東京五輪男子マラソンで銀メダル

©一般社団法人共同通信社

死去したベイジル・ヒートリーさん

 【ロンドン共同】1964年の東京五輪男子マラソンで銀メダルを獲得した英国のベイジル・ヒートリーさんが3日、休暇で一時滞在していた英国内の親族宅で死去した。85歳だった。妻ジルさんが明らかにした。死因は心不全とみられる。

 東京五輪の男子マラソンで、2番手で競技場に戻った円谷幸吉選手をラスト200メートル付近で抜き去り、2位でゴールした。最終盤での劇的なドラマは多くの日本人の記憶に残っている。円谷選手は3位となったが、陸上日本勢で戦後初の表彰台に立った。

 ヒートリーさんは、生前の取材で20年の東京五輪について「86歳になるけど行ってみたいね」と話していた。

1964年10月の東京五輪のマラソンで、国立競技場のトラックで円谷幸吉選手(左)を抜き銀メダルを獲得したベイジル・ヒートリーさん