【懐かしの洋楽】スティング/Sting - If You Love Somebody Set Them Free - 1985年

©ゴールデン横丁合同会社

ポリス解散後、気鋭のジャズメンを従えての充実のソロ・デビュー作。 ポリスのベース・ヴォーカルとしてロックにレゲエの要素を加えた革新的な作品を作り出し、バンド活動停止後の1985年にソロ・キャリアを開始。ジャズやクラシック、ライ(アルジェリアの民俗音楽)など多彩なジャンルの音楽を取り込んだ作品を発表し、人気を集めました。2003年にロックの殿堂入り。

「セット・ゼム・フリー」はケニー・カークランド(Key)、オマー・ハキム(Ds)、ブランフォード・マルサリス(Sax)、ダリル・ジョーンズ(B)など当時の新進気鋭のジャズ・ミュージシャンを迎えて制作されたソロ初作「ブルー・タートルの夢」のリード・シングル。ジャジーなアレンジと軽快なリズムが素晴らしい作品で、シングル・アルバムともに世界的なヒットとなりました。またゴドレイ&クレームの手によるミュージック・ビデオもMTVの賞を取るなど、高く評価されました。

YouTube 提供:VEVO

収録アルバム:The Dream of the Blue Turtles(ブルー・タートルの夢)

・ソロでは1枚目のスタジオ・アルバム
・リリース:1985年6月
・収録曲
1.   "If You Love Somebody Set Them Free(セット・ゼム・フリー)"
2.   "Love Is the Seventh Wave"
3.   "Russians"
4.   "Children's Crusade"
5.   "Shadows in the Rain"
6.   "We Work the Black Seam(黒い傷あと)"
7.   "Consider Me Gone"
8.   "The Dream of the Blue Turtles(ブルー・タートルの夢)"
9.   "Moon over Bourbon Street(バーボン・ストリートの月)"
10. "Fortress Around Your Heart"

懐かしの洋楽|ゴールデン横丁