小野伸二がFC琉球加入へ サッカー元日本代表 W杯に3大会連続出場

©株式会社沖縄タイムス社

小野伸二選手=2017年1月、金武町陸上競技場

 サッカーJ2のFC琉球にJ1北海道コンサドーレ札幌のMF小野伸二(39)が完全移籍で新加入することが5日、分かった。琉球は4日の柏レイソル戦に敗れ、現在5連敗中。順位も17位に後退し、低迷するチーム状況の中、起爆剤としての活躍に期待が高まる。

 静岡県の清水商高出身の小野は1998年にJ1浦和へ入団後、2001年7月から05年までフェイエノールト(オランダ)でプレー。一度は浦和に戻ったが、08年1月にボーフム(ドイツ)へ移籍した。

 10年からはJ1清水入りし、日本復帰。その後、ウエスタンシドニー(豪州)を経て14年から当時はJ2だった札幌に在籍した。

 日本サッカーが世界に誇る〝天才〟とも呼ばれ、1998年に当時18歳で日本代表に初選出された。代表では56試合出場で6得点。ワールドカップ(W杯)には98年フランス大会から3大会連続で出場した。

リフティングする小野伸二=2017年1月、金武町陸上競技場