宮城、福島で震度5弱 M6.4 東北新幹線ダイヤ乱れ

©株式会社河北新報社

地震でダイヤが乱れ、新幹線改札口は駅員に状況を尋ねる利用者で混雑した=4日午後8時15分ごろ、JR仙台駅

 4日午後7時23分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、石巻市桃生町、宮城県亘理町、福島県双葉町で震度5弱の揺れを観測した。津波の心配はない。気象庁によると、震源の深さは約45キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6.4と推定される。

 仙台管区気象台は同日夜の記者会見で「今後1週間程度、最大震度5弱程度の揺れに警戒してほしい」と呼び掛けた。地震はプレート境界で東西方向に圧縮する力が働いた「逆断層型」とみられ、東日本大震災の余震と分析している。

 相馬地方広域消防本部によると、相馬市中村の夏祭り会場の露店でフライ料理用の油が飛び散り、近くにいた男性(42)が腰や手などに軽いやけどをした。

 JR東日本によると設備点検のため、東北新幹線が那須塩原-盛岡間と古川-一関間で最大約1時間半運転を見合わせたほか、常磐線原ノ町-仙台間の上下線で一時運転を見合わせた。東北本線は速度規制のため白石-仙台間の上下線で遅れが発生した。

 青森県に帰るため、JR仙台駅で新幹線の運転再開を待った20代女性は「仙台市内でロックバンドのライブを見ている時に揺れた。早く帰りたい」と話した。

 仙台市交通局によると、市地下鉄東西線は安全点検のため徐行運転した。午後10時前に正常ダイヤに戻ったが、荒井行き、八木山動物公園行きの計44本が最大66分遅れ、約5000人に影響した。

 東京、東北両電力によると、福島県にある福島第1、第2両原発と運転停止中の女川原発(宮城県女川町、石巻市)に異常はない。

 各地の震度は次の通り。

 震度5弱=石巻桃生、亘理(宮城)双葉(福島)▽震度4=仙台青葉作並、石巻大街道南、塩釜、仙台空港、名取、角田、岩沼、登米、東松島、大崎、蔵王、大河原、村田、柴田、川崎、丸森町役場、松島、七ケ浜、利府、大衡、色麻、涌谷、美里木間塚(宮城)福島、郡山、いわき、白河、須賀川、相馬、二本松、田村、南相馬、伊達前川原、本宮、桑折、国見、川俣、大玉、鏡石、天栄、泉崎、中島、矢吹、玉川、浅川、古殿、広野、楢葉、富岡、川内村役場、大熊、浪江、新地、飯舘(福島)常陸太田金井(茨城)大田原湯津上、高根沢、那須、那珂川小川(栃木)など