赤馬ドロー、突破力欠く ミス相次ぎ好機つくれず

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-秋田】後半17分、相手選手と競り合いながらコーナーキックに飛び込む熊本の黒木(2)=えがお健康スタジアム(池田祐介)

 明治安田J3第19節最終日は4日、えがお健康スタジアムなどで7試合を行い、2位ロアッソ熊本は前節10位の秋田と0-0で引き分けた。順位は変わらなかったが、前日に首位の藤枝が勝ったため、勝ち点差は3に広がった。熊本の無失点は11試合ぶり。

 熊本はFW佐野翼とMF中原輝が先発復帰し、4-4-2の布陣。前半は好機をつくるも決めきれず、0-0で折り返した。後半は長身の三島康平、けがから復帰した原一樹の両FWを投入したが得点できなかった。

 他の会場は群馬がYS横浜を3-2で下して3位に浮上。北九州は1-2で長野に敗れて4位に後退した。

 熊本の次節は10日午後7時から、えがお健康スタジアムで最下位18位のYS横浜と対戦する。

(2019年8月5日付 熊本日日新聞朝刊掲載)