7月21日(日)は参議院議員選挙投票日です(2)

東京都国立市 市報くにたち特集号 令和元年年7月5日号(第1214号)

©株式会社VOTE FOR

▽当日に投票できない方は次の1)〜4)の投票方法をご利用ください

1)期日前投票
投票日当日に、次のような理由で投票所へ行くことができない方がご利用できます。
(1)仕事または冠婚葬祭等の用務がある方
(2)(1)以外の用務等のため、投票区の区域外にレジャー・旅行または滞在される方
(3)病気やけが、妊娠等により、投票所へ行くことが困難な方
(4)天災または悪天候により、投票所に行くことが困難である方
※期日前投票をされる方は、事前に入場整理券裏面の期日前投票宣誓書に、ご自身で氏名・生年月日・投票事由を明記のうえ、下表内にある、ご都合のよい期日前投票所までご持参ください。

※駅前市民プラザには、駐車場や駐輪場はありませんので、ご注意ください。

2)不在者投票の手続きと期間等について
市外に滞在中の方や、指定された病院・高齢者施設などに入院・入所されている方は、不在者投票による投票ができます。
手続方法:国立市に在住の住所・氏名・生年月日・電話番号・書類の送付先・不在者投票をする理由等を明記した文書(様式自由)を、問合せまで郵送してください
(市ホームページ「令和元年7月21日(日曜日)は参議院議員選挙の投票日です」から不在者投票宣誓書兼請求書を入手できます)。
郵送による手続きとなりますので、下記の不在者投票ができる期間に間に合うよう、早めに請求してください。
※電話、ファクス、メールでは請求できません。
請求書が届き次第、国立市選挙管理委員会から不在者投票関係書類を郵送しますので、速やかに滞在先の選挙管理委員会で不在者投票をお願いします。
不在者投票を行うことができる指定施設に入所されている方は、施設の担当者までお問い合わせください。それ以外の方で、ご不明な点がある場合は、問合せまでお問い合わせください。

・不在者投票ができる期間
7月5日(金)〜20日(土)午前8時30分〜午後8時
・不在者投票ができる場所
市役所北庁舎1階 不在者投票所(選挙管理委員会事務室内)

3)郵便による在宅投票について
身体障害者手帳、戦傷病者手帳をお持ちで、一定の要件に該当する方は、自宅等で郵便による不在者投票ができます。また、介護保険の被保険者証に要介護状態区分が「要介護5」と記載されている方も該当となります
(いずれも自署できることが条件となります)。
身体障害者手帳に上肢もしくは視覚のしょうがいの程度が「1級」と記載されている方で自署できない方は、選挙権を有する代理記載人を定め、所定の手続きを行うことにより代理投票ができます。
いずれの場合も投票するためには、郵便投票証明書が必要となります。

4)在外投票について
国立市の在外選挙人名簿に登録されている方で、在外選挙人証をお持ちの方は、在外投票をすることができます。
詳細は、問合せまでお問い合わせください。

5)代理投票について
身体のしょうがい、けがなどのため、文字を書くことができない方は、代理投票をご利用ください。所定の手続きに従って、投票所の係員が代筆します。投票の秘密は固く守られますので、安心して係員にお申し出ください。

6)点字投票について
目の不自由な方は点字投票ができますので、投票所の係員までお申し出ください。

7)『選挙公報』について
候補者の政策や経歴などを掲載した『選挙公報』を、7月19日(金)までに各家庭に配布します。なお、次の場所にも設置し、ご覧いただけるようにします。
設置場所:
・市役所1階市民ロビー
・公民館(中1-15-1)
・中央図書館(富士見台2-34)
・北市民プラザ(北3-1-19号棟)
・南市民プラザ(泉2-3-21号棟)
・駅前市民プラザ(北1-14-1)
・JR国立駅
・谷保駅
・矢川駅
※東京都ホームページ、市ホームページ「令和元年7月21日(日曜日)は参議院議員選挙の投票日です」からもご覧になれます。
※『選挙公報』が届かないときは、お手数ですがまでご連絡ください。

8)『選挙公報』の音訳版CDをご用意します
目の不自由な方のために、『選挙公報』を音訳したCD(デイジー)の貸出を行っています。希望される方は、問合せまでご連絡ください。

9)第11投票所の皆さまへ
前回の選挙では、第11投票区の投票所が第六小学校「1階教室」でしたが、改修工事のため今回の選挙では、同校の「体育館」に変更となりました。ご注意ください。

10)投票日当日の移動支援について
今回の選挙では、自動車の運行はありません。ご理解をお願いします。