市では、路上喫煙等禁止区域を指定することを検討しています

東京都国立市 市報くにたち特集号 令和元年年7月5日号(第1215号)

©株式会社VOTE FOR

◆市では、JR国立駅北口・谷保駅北口・矢川駅北口周辺において路上喫煙等禁止区域を指定することを検討しています
▽これまでの経緯
市では、平成26年4月1日に「国立市ポイ捨て及び飼い犬のふんの放置の防止並びに路上喫煙等の制限に関する条例」を施行し、市内全域の公共の場所でポイ捨てや他人の迷惑となる迷惑喫煙等を禁止しました。
また、JR国立駅南口周辺においては、路上喫煙等禁止区域を指定するとともに指定喫煙所を設置し、たばこを吸う方と吸わない方との相互理解、空間分煙を試みています。
一方で、国立駅北口および谷保駅、矢川駅周辺に関しては、指定喫煙場所設置の検討を行ってきましたが、適切な候補地を決めかねており、路上喫煙等禁止区域の設定には至っていない状況です。

▽今後について
現在、国や東京都では、多数の方が利用する施設内での“望まない受動喫煙”を防ぐために、医療機関や学校、行政機関の敷地内禁煙や飲食店などの原則屋内禁煙を義務づける法令を整備し、受動喫煙を防止する対策が進められています。
●東京都の受動喫煙防止条例についての概要
・令和元年7月1日より、学校や病院、児童福祉施設や行政機関の庁舎などの施設は、原則として敷地内禁煙となります。一部の施設は、屋外に要件を満たした喫煙所を設置することができます。
・令和2年4月1日より、宿泊施設や飲食店などの多数の方が利用する施設は、原則として屋内禁煙となります(規模等により例外となる場合があります)。屋内に喫煙所を設置する際には、要件を満たさなければなりません。

市では、路上などの公共の場所での望まない受動喫煙を防止するために、「駅周辺等喫煙場所に関する庁内検討会」で路上喫煙禁止区域の指定および指定喫煙所の設置について検討してきました。
検討の結果、現時点では3駅周辺とも指定喫煙場所の確保が困難なことから、通行人などの受動喫煙を防ぐための必要最小限度の範囲で路上喫煙等禁止区域を設定することが適当との結論になり、以下のような路上喫煙禁止区域(案)を作成しました。

▽市の路上喫煙禁止区域(案)

「駅周辺等喫煙場所に関する庁内検討会」で作成した路上喫煙等禁止区域(案)についてのご意見を募集します

募集期間:7月8日(月)〜25日(木)
提出方法:ご意見の内容を簡潔にまとめ(様式自由)、氏名(ふりがな)・住所・連絡先を明記のうえ、問合せまで郵送、ファクス、メールまたは直接ご提出ください。
※原則として、いただいたご意見は個人が特定できない形で公表する場合があります。また、ご意見に対しての個別回答は行いません。

〔この特集号の内容については、下記にお問合せください。〕
問合せ:ごみ減量課清掃係
【電話】042-576-2119(直通)
【FAX】042-576-0264
住所:〒186-8501富士見台2-47-1
【メール】sec_gomigenryo@city.kunitachi.lg.jp

「駅周辺等喫煙場所に関する庁内検討会」の報告書は、市ホームページ「路上喫煙等禁止区域について」で閲覧できるほか、次の公共施設でもご覧になれます。
閲覧場所:
・市役所1階ごみ減量課
・市役所1階情報公開コーナー
・北市民プラザ(北3-1-19号棟)
・南市民プラザ(泉2-3-21号棟)
・国立駅前くにたち・こくぶんじ市民プラザ(北1-14-1)
・公民館(中1-15-1)
・中央図書館(富士見台2-34)